Twitterの画像に隠されたメッセージを見る方法!ALTバッジの使い方と魅力

Twitter-ALT

Twitterの画像には、見た目にはわからないが、説明テキストを追加することができる機能があります。それがALTバッジというものです。

ALTバッジを使うと、画像のアクセシビリティを高めたり、画像にメッセージやクイズを隠したり、Twitterのトレンドや話題に参加したりすることができます。この記事では、ALTバッジの使い方や魅力について紹介します。

この記事でわかること
  • ALTバッジとは何か?
  • ALTバッジの使い方
  • ALTバッジの魅力
    • ALTバッジで画像のアクセシビリティを高める
    • ALTバッジで画像にメッセージやクイズを隠す
    • ALTバッジでTwitterのトレンドや話題に参加する
目次

Twitterの画像にALTバッジという機能があることを知っていますか?

Twitterでは、画像に説明テキストを追加することができる機能があります。それがALTバッジというものです。

ALTバッジは、視覚障害のある人や画像が表示されない場合にも、画像の内容を伝えることができる便利な機能です。また、画像にメッセージやクイズなどを隠すこともできます。ALTバッジは、画像の右下に表示される小さな四角形のアイコンです。

ALTバッジとは何か?

ALTバッジは、Alternative Text(代替テキスト)の略で、画像に説明テキストを追加することができる機能です。ALTバッジは、スクリーンリーダーや音声アシスタントなどの支援技術で読み上げられます。

これにより、視覚障害のある人や画像が表示されない場合にも、画像の内容を伝えることができます。また、検索エンジンやSNSなどでも、画像の内容を理解しやすくする効果があります。

ALTバッジの使い方

ALTバッジを使うには、まず設定から「アクセシビリティ」を選択し、「画像説明を作成する」をオンにします。次に、ツイートする画像を選択したら、「+ALT」ボタンをタップします。画像説明テキストを入力したら、「完了」ボタンをタップします。画像説明テキストは、420文字まで入力できます。

ALTバッジの魅力

ALTバッジは、画像に説明テキストを追加するだけでなく、さまざまな魅力があります。ここでは、ALTバッジで画像のアクセシビリティを高めたり、画像にメッセージやクイズを隠したり、Twitterのトレンドや話題に参加したりする方法やメリットについて紹介します。

ALTバッジで画像のアクセシビリティを高める

ALTバッジは、視覚障害のある人や画像が表示されない場合にも、画像の内容を伝えることができます。

これは、Twitterの使命である「世界中の会話に参加する」ことを実現するための重要な機能です。ALTバッジを利用することで、画像の内容を共有したり、感想や意見を交換したりすることができます。また、画像の内容を正確に伝えることで、誤解やトラブルを防ぐこともできます。

ALTバッジは、Twitterのアクセシビリティに関する取り組みの一つです。Twitterは、2016年にALTバッジを導入しました。

その後、2019年には、画像説明テキストを作成することをリマインドする機能や、GIF画像にカテゴリーや感情などを表すラベル(GIF画像ラベル)を付ける機能を追加しました。これらの機能は、Twitterの画像のアクセシビリティを向上させるために役立っています。

ALTバッジで画像にメッセージやクイズを隠す

ALTバッジは、画像にメッセージやクイズなどを隠すこともできます。ALTバッジで隠されたメッセージやクイズは、長押しやダブルタップなどで表示することができます。これは、フォロワーや友人と楽しく交流するためのユニークな方法です。例えば、以下のような使い方ができます。

  • 画像に自分の好きな言葉や感想を隠しておいて、見つけた人にリプライをもらう
  • 画像にクイズの問題や答えを隠しておいて、解いた人にリツイートやいいねをもらう
  • 画像にプレゼントやサービスの情報を隠しておいて、見つけた人にフォローしてもらう

ALTバッジで画像にメッセージやクイズを隠すことは、Twitter上で話題になったこともあります。2018年には、日本の漫画家・松本大洋さんが自身のTwitterアカウントでALTバッジを使って画像にメッセージを隠す遊びを始めました。

その後、多くのファンやフォロワーがこの遊びに参加しました。また、2020年には、日本の音楽グループ・King Gnuが新曲「三文小説」のMVの一部をTwitterで公開しました。その際、ALTバッジで歌詞やメンバーからのメッセージを隠しており、ファンから大きな反響がありました。

ALTバッジでTwitterのトレンドや話題に参加する

ALTバッジは、Twitterのトレンドや話題に参加するための便利なツールです。例えば、GIF画像ラベルという機能は、GIF画像にカテゴリーや感情などを表すラベルを付けることができます。GIF画像ラベルは、ALTバッジと同じように画像説明テキストを入力することで作成できます。GIF画像ラベルは、検索や共有にも役立ちます。

GIF画像ラベルは、2020年にTwitterへ導入された機能で、GIF画像にカテゴリーや感情などを表すラベルを付けることができます。GIF画像ラベルは、Twitterの画像のアクセシビリティや検索性を向上させるだけでなく、Twitterのトレンドや話題に参加するための楽しい方法です。

GIF画像ラベルの作り方は簡単です。まず、ツイートするGIF画像を選択したら、「+ALT」ボタンをタップします。次に、画像説明テキストに「#」をつけてラベルを入力します。ラベルは、カテゴリーや感情などを表す単語やフレーズです。例えば、「#笑顔」「#驚き」「#ダンス」などです。ラベルは、複数入力することができます。ラベルを入力したら、「完了」ボタンをタップします。

GIF画像ラベルは、画像の右下に表示される小さな四角形のアイコンです。このアイコンをタップすると、ラベルが表示されます。また、検索バーに「#」とラベルを入力すると、そのラベルが付いたGIF画像を検索することができます。例えば、「#笑顔」で検索すると、笑顔のGIF画像が表示されます。

GIF画像ラベルは、Twitterのトレンドや話題に参加するための便利なツールです。例えば、以下のような使い方ができます。

  • GIF画像に自分の感情や反応を表すラベルを付けて、フォロワーや友人と共感や応援をする
  • GIF画像に面白いや斬新なラベルを付けて、他の人に笑いや驚きを与える
  • GIF画像に流行りや話題のラベルを付けて、Twitterのムードや空気に合わせる
Twitter-ALT

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次