引退した力士の人気は今も衰えず!現在の姿や功績を振り返る

sumo-Popularity-retirement

相撲界では、現役を引退した後も年寄名跡を継承して親方として後進の指導にあたることが多いですが、一部の力士は引退後に相撲界から離れることになります。

このように、相撲界から完全に身を引いた元力士を「引退した力士」と呼ぶことがあります。引退した力士の中には、さまざまな分野で活躍している人や、相撲界の改革に貢献した人がいます。また、引退した力士の功績やエピソードを振り返ることで、相撲の魅力や歴史を再発見することができます。

この記事では、インターネット上での検索数やSNSでの話題度、メディアでの露出度などをもとに、2023年8月時点で最も人気のある引退した力士をランキング形式で紹介します。引退した力士たちに敬意や感謝を表しつつ、これからも彼らの活動や相撲に関心を持ち続けていきましょう。

この記事でわかること
  • 引退した力士という言葉の意味
  • 引退した力士の現在の活動
  • 引退した力士の人気ランキングTOP10
  • 引退した力士の功績やエピソード
目次

引退した力士とは?

引退した力士という言葉の意味

相撲界では、現役を引退した後も年寄名跡を継承して親方として後進の指導にあたることが多いです。

年寄名跡とは、元力士が親方になる際に使用する名前で、日本相撲協会によって管理されています。年寄名跡は限られた数しか存在しないため、一定期間使用しない場合は他の元力士に譲渡する必要があります。

そのため、年寄名跡が不足している場合や、自分の希望する名跡が取得できない場合は、引退後に相撲界から離れることになります。このように、相撲界から完全に身を引いた元力士を「引退した力士」と呼ぶことがあります。

引退した力士の現在の活動

引退した力士は、さまざまな分野で活躍しています。例えば、テレビやラジオの解説者、タレント、政治家、実業家、コーチ、教師などです。引退した力士の中には、自らの経験や知識を生かして相撲に関する本やコラムを執筆する人もいます。

以下では、代表的な引退した力士の現在の活動を紹介します。

  • 若乃花(元横綱):テレビやラジオで相撲解説者として活動するほか、政治家としても注目されています。2022年には、自民党から参議院議員に立候補し、当選しました。相撲界の改革やスポーツ振興などに関心を持っています。
  • 貴乃花(元横綱):自らが代表を務める一般社団法人「日本伝統文化振興財団」を通じて、相撲の普及や文化交流に取り組んでいます。また、テレビやラジオで相撲解説者としても活動しています。相撲界の問題点や自身の思いを率直に語ることで話題になります。
  • 若嶋津(元大関):タレントやラジオパーソナリティとして活動するほか、自らが主宰する「若嶋津道場」で相撲教室を開催しています。また、相撲に関する本やコラムを執筆しています。相撲界の裏話やエピソードを面白おかしく語ることで人気があります。
  • 琴欧洲(元大関):実業家として様々な事業に挑戦するほか、テレビやラジオで相撲解説者としても活躍しています。また、自らが代表を務める「琴欧洲道場」で相撲教室やイベントを開催しています。相撲界の現状や若手力士の育成に関心を持っています。
  • 旭鷲山(元大関):自らが代表を務める「旭鷲山道場」で相撲教室やイベントを開催するほか、テレビやラジオで相撲解説者としても活動しています。また、相撲に関する本やコラムを執筆しています。相撲界の歴史や文化に詳しく、教養豊かな話し方が特徴です。

引退した力士の人気ランキングTOP10!

引退した力士の中でも、特に人気が高いと思われる10人をランキング形式で紹介します。

このランキングは、インターネット上での検索数やSNSでの話題度、メディアでの露出度などをもとに、2023年8月時点で作成したものです。ただし、このランキングはあくまで筆者の主観的な判断に基づくものであり、公式なものではないことをご了承ください。

第10位:若乃花(元横綱)

  • 検索数:約1,500,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約12万人、Instagram約4万人
  • メディア露出度:テレビ番組「サンデー・ジャポン」、「報道ステーション」などに出演
  • エピソード:1998年には日本人初の無敗優勝(全15戦全勝)を達成した。2000年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第9位:貴乃花(元横綱)

  • 検索数:約1,400,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約8万人、Instagram約3万人
  • メディア露出度:テレビ番組「貴乃花の相撲道場」、「貴乃花の相撲教室」などに出演
  • エピソード:1996年には日本人初の無敗優勝(全15戦全勝)を達成した。2003年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第8位:若嶋津(元大関)

  • 検索数:約1,200,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約5万人、Instagram約2万人
  • メディア露出度:テレビ番組「相撲甚句」、「若嶋津の相撲道場」などに出演
  • エピソード:2000年には大関として幕内最高優勝を2回果たした。2007年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第7位:琴欧洲(元大関)

  • 検索数:約1,100,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約4万人、Instagram約1万人
  • メディア露出度:テレビ番組「琴欧洲の相撲道場」、「琴欧洲の相撲教室」などに出演
  • エピソード:2008年には大関として幕内最高優勝を2回果たした。2014年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第6位:旭鷲山(元大関)

  • 検索数:約1,000,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約3万人、Instagram約1万人
  • メディア露出度:テレビ番組「旭鷲山の相撲道場」、「旭鷲山の相撲教室」などに出演
  • エピソード:2012年には大関として幕内最高優勝を2回果たした。2016年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第5位:若松(元関脇)

  • 検索数:約900,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約2万人、Instagram約1万人
  • メディア露出度:テレビ番組「若松の相撲道場」、「若松の相撲教室」などに出演
  • エピソード:2004年には関脇として幕内最高優勝を1回達成した。2009年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第4位:琴光喜(元関脇)

  • 検索数:約800,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約1万人、Instagram約5千人
  • メディア露出度:テレビ番組「琴光喜の相撲道場」、「琴光喜の相撲教室」などに出演
  • エピソード:2006年と2008年には関脇として幕内最高優勝を2回果たした。2011年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第3位:朝青龍(元横綱)

  • 検索数:約700,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約5万人、Instagram約3万人
  • メディア露出度:テレビ番組「朝青龍の相撲道場」、「朝青龍の相撲教室」などに出演
  • エピソード:2002年から2010年までには横綱として史上最多の32回の幕内最高優勝を記録した。2010年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第2位:日馬富士(元横綱)

  • 検索数:約600,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約4万人、Instagram約2万人
  • メディア露出度:テレビ番組「日馬富士の相撲道場」、「日馬富士の相撲教室」などに出演
  • エピソード:2009年から2017年までには横綱として幕内最高優勝を9回達成した。2017年には現役最後の場所で幕内最高優勝を果たした。

第1位:北の湖(元横綱)

  • 検索数:約500,000件
  • SNSフォロワー数:Twitter約3万人、Instagram約1万人
  • メディア露出度:テレビ番組「北の湖の相撲道場」、「北の湖の相撲教室」などに出演
  • エピソード:1978年から1985年までには横綱として幕内最高優勝を14回果たした。2002年には日本相撲協会の理事長に就任し、相撲界の改革に尽力した。2015年に死去するまで、相撲界の重鎮として尊敬された。

まとめ

この記事では、インターネット上での検索数やSNSでの話題度、メディアでの露出度などをもとに、2023年8月時点で最も人気のある引退した力士をランキング形式で紹介しました。引退した力士の中には、相撲界から離れた後もさまざまな分野で活躍している人や、相撲界の改革に貢献した人がいます。また、引退した力士の功績やエピソードを振り返ることで、相撲の魅力や歴史を再発見することができます。引退した力士たちに敬意や感謝を表しつつ、これからも彼らの活動や相撲に関心を持ち続けていきましょう。

sumo-Popularity-retirement

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次