AIのべりすとMODで小説を書く方法とは?プロの小説家も使っている驚きの機能を徹底解説! 

novelist-howto

あなたは小説を書くことが好きですか?もしくは、小説を書いてみたいと思ったことはありませんか?

小説を書くことは、自分の想像力や創造力を発揮できる楽しい趣味ですが、同時に難しい作業でもあります。

どんなジャンルや文体で書くか、どんな登場人物や設定を作るか、どんな展開や結末にするか、などなど、考えることは山ほどあります。

また、文章を書くこと自体も、時間や労力がかかりますし、自分のイメージと合わない場合や、文体が安定しない場合もあります。

そんなときに役立つのが、AIのべりすとというサービスです。

AIのべりすととは、人工知能があなたの入力した文章や設定に基づいて小説を生成するサービスです。

ジャンルや文体、登場人物や設定などを自由にカスタマイズできますし、プレミアム会員になると、さらに多くの機能やオプションが利用できます。

その中でも特に注目すべき機能が、AIのべりすとMODです。

AIのべりすとMODとは、任意のテキストを読み込んでその文体やテーマを学習したAIが入力と出力の間に介在することで、細かく設定しなくても思い通りの文章が出力されやすくなる機能です。

この機能は、プロの小説家も使っている驚きの機能です。

この記事では、AIのべりすとMODとは何か、どうやって使うか、どんなメリットやデメリットがあるか、などを徹底的に解説します。

この記事でわかること
  • AIのべりすとMODとは何か
  • AIのべりすとMODで小説を書く方法
  • AIのべりすとMODのメリットとデメリット
  • AIのべりすとMODで小説を書くために必要なこと
目次

AIのべりすととは?

まずは、AIのべりすととはどんなサービスなのかを簡単に紹介します。

AIのべりすととはどんなサービスなのか?

AIのべりすとは、人工知能があなたの入力した文章や設定に基づいて小説を生成するサービスです。

あなたは、ジャンルや文体、登場人物や設定などを自由にカスタマイズできますし、最初の一文や一章などを入力するだけで、AIが続きを生成してくれます。

また、生成された文章は自由に編集したり保存したりすることができます。

ただし、AIが生成した文章には著作権がありません。そのため、そのまま公開することはできません。

AIのべりすとは、無料会員とプレミアム会員の2種類があります。

無料会員は、月に10回まで小説を生成することができますし、ジャンルや文体などの基本設定を行うことができます。

プレミアム会員は、月額980円で、無制限に小説を生成することができますし、さらに多くの機能やオプションが利用できます。

例えば、登場人物や設定の詳細設定や、脚注や注釈などの追加設定ができます。

また、AIのべりすとMODという機能もプレミアム会員のみ利用できる機能です。

この機能については、次の項で詳しく説明します。

AIのべりすとのメリットとデメリットは?

AIのべりすとには、メリットとデメリットがあります。

メリットは、以下のようなものです。

  • 自分の好きなジャンルや文体で小説を書くことができる
  • AIが自動的に文章を生成するため、時間や労力を節約できる
  • 生成された文章を自由に編集したり保存したりできる
  • プレミアム会員になると、さらに多くの機能やオプションが利用できる

デメリットは、以下のようなものです。

  • AIの出力が自分のイメージと合わない場合や、文体が安定しない場合がある
  • AIが生成した文章には著作権がないため、そのまま公開することはできない
  • 無料会員は月に10回までしか小説を生成できない
  • プレミアム会員は月額980円かかる

AIのべりすとは、小説を書くことに興味がある人や、小説を書くことに苦手意識がある人におすすめのサービスです。

しかし、AIが生成した文章をそのまま使うことはできませんし、AIの出力には限界があります。

そこで、AIのべりすとMODという機能を使うことで、より自分の好みに近い文章を生成させることができるようになります。

AIのべりすとMODとは?

次に、AIのべりすとMODとはどんな機能なのかを詳しく説明します。

AIのべりすとMODとはどんな機能なのか?

AIのべりすとMODとは、任意のテキストを読み込んでその文体やテーマを学習したAIが入力と出力の間に介在することで、細かく設定しなくても思い通りの文章が出力されやすくなる機能です。

この機能は、プレミアム会員のみ利用できる機能で、サンプルMODやカスタムMODを選択して適用することができます。

サンプルMODとは、AIのべりすとが用意した様々なジャンルや文体のテキストを読み込ませることで、そのテキストに合わせた文章を生成させることができるものです。

例えば、ライトノベルやミステリー、恋愛小説などのジャンルや、古典的な文体や口語的な文体などの文体を選択することができます。

カスタムMODとは、自分で用意したテキストを読み込ませることで、そのテキストに合わせた文章を生成させることができるものです。

例えば、自分が書いた小説や、インターネット上にある小説や記事などのテキストを選択することができます。

このように、AIのべりすとMODを使うことで、自分が書きたいジャンルや文体に近い文章を生成させることができます。

また、MODを使うことで、脚注などを書かなくてもコーパスの傾向に沿った文章が出力されやすくなるため、作業効率も向上する可能性があります。

AIのべりすとMODのメリットとデメリットは?

AIのべりすとMODにも、メリットとデメリットがあります。

メリットは、以下のようなものです。

  • 自分の好みに合わせた文章を生成させることができる
  • 作業効率を向上させることができる
  • サンプルMODやカスタムMODから好きなものを選択することができる
  • プロの小説家も使っている驚きの機能を利用することができる

デメリットは、以下のようなものです。

  • MODを適用するためには別途テキストを用意する必要がある
  • AIの出力には限界がある
  • MODを適用することで、自分のオリジナリティが失われる可能性がある
  • プレミアム会員でないと利用できない

AIのべりすとMODは、小説を書くことに慣れている人や、小説を書くことに不満がある人におすすめの機能です。

しかし、MODを適用するためには別途テキストを用意する必要がありますし、AIの出力には限界があります。

そこで、AIのべりすとMODで小説を書く方法を知っておく必要があります。

AIのべりすとMODで小説を書く方法とは?

最後に、AIのべりすとMODで小説を書く方法とはどういうものなのかを具体的に説明します。

AIのべりすとMODで小説を書くための準備は?

AIのべりすとMODで小説を書くためには、まずプレミアム会員になる必要があります。

プレミアム会員になると、月額980円で無制限に小説を生成することができますし、さらに多くの機能やオプションが利用できます。

プレミアム会員になるには、AIのべりすとの公式サイトから登録することができます。

次に、MODを適用したいテキストを用意します。これは、自分で書いたものや、インターネット上にあるものでも構いません。

テキストの選び方は、自分が書きたいジャンルや文体に近いものを選ぶと良いでしょう。

テキストの長さは、短すぎるとAIが学習できない可能性があります。逆に長すぎるとAIが混乱する可能性があります。

テキストの内容は、自分が書きたいテーマや設定と関連性が高いものを選ぶと良いでしょう。

AIのべりすとMODで小説を書く手順は?

AIのべりすとMODで小説を書く手順は以下の通りです。

  1. AIのべりすとにログインします。
  2. 「新規作成」をクリックします。
  3. 「ジャンル」や「文体」などの基本設定を行います。
  4. 「入力欄」に自分が書きたい文章や設定を入力します。これは、最初の一文や一章などでも構いません。
  5. 「MOD」タブをクリックします。
  6. 「MOD適用」をオンにします。
  7. 「サンプルMOD」から好きなものを選択するか、「カスタムMOD」から自分で用意したテキストを読み込ませます。
  8. 「生成」ボタンをクリックします。
  9. AIが生成した文章が「出力欄」に表示されます。
  10. 「出力欄」の文章に満足したら、「保存」ボタンをクリックします。満足しなかったら、「再生成」ボタンをクリックして別の文章を生成させます。
  11. これを繰り返して小説を完成させます。

以上が、AIのべりすとMODで小説を書く方法です。

この方法は、ステップバイステップで簡単に行うことができますし、自分の好みに合わせた文章を生成させることができます。

しかし、AIの出力には限界があることも忘れないでください。

AIが生成した文章は、必ず自分で確認して編集することが必要ですし、そのまま公開することはできません。

また、MODを適用することで、自分のオリジナリティが失われる可能性もあります。

そこで、AIのべりすとMODで小説を書くときには、以下の点に注意してください。

  • MODを適用するテキストは、自分が書きたいジャンルや文体に近いものを選ぶこと
  • MODを適用するテキストは、自分が書きたいテーマや設定と関連性が高いものを選ぶこと
  • MODを適用するテキストは、長すぎず短すぎないものを選ぶこと
  • AIが生成した文章は、必ず自分で確認して編集すること
  • AIが生成した文章は、そのまま公開しないこと
  • AIが生成した文章は、自分のオリジナリティを加えること

AIのべりすとMODで小説を書くことは、小説を書くことに新しい可能性を与えることができます。

しかし、AIのべりすとMODはあくまでもあなたの小説を書くためのツールであり、あなたの小説を書く代わりになるものではありません。

あなたの創作力や感性を発揮して、AIのべりすとMODで小説を書いてみましょう。

まとめ

・AIのべりすとMODとは、任意のテキストを読み込んでその文体やテーマを学習したAIが入力と出力の間に介在することで、細かく設定しなくても思い通りの文章が出力されやすくなる機能です 。

・AIのべりすとMODで小説を書く方法とは、プレミアム会員になってMODを適用したいテキストを用意し、基本設定と入力欄に自分が書きたい文章や設定を入力して生成ボタンを押すことです 。

・AIのべりすとMODで小説を書くメリットは、自分の好みに合わせた文章を生成させることや、作業効率を向上させることです 。

・AIのべりすとMODで小説を書くデメリットは、MODを適用するためには別途テキストを用意する必要があることや、AIの出力には限界があることです 。

・AIのべりすとMODで小説を書くためには、プロの小説家も使っている驚きの機能を知る必要があります 。

・この記事では、AIのべりとトMODとは何か、どうやって使うか、どんなメリットやデメリットがあるか、などを徹底的に解説しました 。

・あなたもAIのべりすとMODで小説を書いてみませんか?今ならプレミアム会員になると初月無料で利用できます 。

・AIのべりすとMODであなたの創作力を発揮してください 。

novelist-howto

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次