【意外過ぎる】ダメ元で応募したら転職成功した人の共通点とは?

あなたは転職を考えていますか?もしそうなら、どんな求人に応募しますか?自分に合っていると思う求人だけに応募しますか?それとも、自分に合っているかどうか分からない求人にもダメ元で応募しますか?

ダメ元で応募とは、自分に自信がないか、あるいは応募条件に合致しないか、あるいは競争が激しいかのどれかである可能性が高い求人に対して、失敗しても損はないと思って応募することです。

この記事では、ダメ元で応募することのメリットと注意点について説明します。ダメ元で応募することは、無駄なことではありません。むしろ、意味のあることです。その理由を知りたい方は、ぜひ読み進めてください。

目次

ダメ元で応募する理由

あなたは今の仕事に満足していますか?もしくは、将来のキャリアに不安を感じていませんか?

多くの人は、仕事に対する不満や不安を抱えています。例えば、以下のような悩みです。

  • 給料が低い
  • 上司や同僚との人間関係がうまくいかない
  • 仕事内容が自分の得意分野や興味分野と合わない
  • スキルアップやキャリアアップの機会が少ない
  • ワークライフバランスが悪い

このような状況にあると、転職を考えるのは当然です。しかし、転職は簡単なことではありません。自分に合った転職先を見つけることは難しいですし、応募条件に合致しない場合もあります。また、競争が激しい業界や職種では、他の応募者と差別化することも必要です。

そこで、一部の人は「ダメ元で応募」することを選択します。ダメ元で応募とは、自分に自信がないか、あるいは応募条件に合致しないか、あるいは競争が激しいかのどれかである可能性が高い求人に対して、失敗しても損はないと思って応募することです。

ダメ元で応募することには、一見無駄な時間や労力を使ってしまうように思えますが、実は意味があります。ダメ元で応募することで、チャンスを広げることができます。どういうことか、次の章で詳しく説明します。

ダメ元で応募するメリット

ダメ元で応募することには、以下のようなメリットがあります。

自分の能力や価値を高めることができる

ダメ元で応募することで、自分の能力や価値を高めることができます。なぜなら、ダメ元で応募する求人は、自分の現状よりも高いレベルのものである可能性が高いからです。例えば、以下のような場合です。

  • 給料が高い
  • 有名な企業やブランド
  • 専門性やスキルが求められる
  • 責任や権限が大きい

このような求人に応募することで、自分の市場価値を知ることができます。また、面接や書類選考の過程で、自分の強みや弱み、改善点や課題を見つけることができます。さらに、採用された場合は、自分の能力を発揮しやすい環境に移ることができます。

意外な発見や出会いがあるかもしれない

ダメ元で応募することで、意外な発見や出会いがあるかもしれません。なぜなら、ダメ元で応募する求人は、自分の想像や予想を超えるものである可能性が高いからです。例えば、以下のような場合です。

  • 業界や職種が異なる
  • 仕事内容や働き方が斬新
  • 企業文化やビジョンが魅力的
  • 面接官や社員との相性が良い

このような求人に応募することで、自分の視野を広げることができます。また、面接や書類選考の過程で、新しい知識や情報、アイデアやインスピレーションを得ることができます。さらに、採用された場合は、自分にとって刺激的で楽しい仕事に出会うことができます。

自信やモチベーションを向上させることができる

ダメ元で応募することで、自信やモチベーションを向上させることができます。なぜなら、ダメ元で応募する求人は、自分に挑戦する機会を与えてくれるものである可能性が高いからです。例えば、以下のような場合です。

  • 応募条件に満たない
  • 応募者数が多い
  • 面接や書類選考が厳しい

このような求人に応募することで、自分の限界に挑戦することができます。また、面接や書類選考の過程で、自分の成長や進歩を感じることができます。さらに、採用された場合は、自分の実力を証明することができます。

ダメ元で応募する注意点

ダメ元で応募することには、上記のようなメリットがありますが、注意点もあります。以下に挙げます。

応募条件や企業情報をしっかり確認する

ダメ元で応募する場合でも、応募条件や企業情報をしっかり確認することが大切です。なぜなら、応募条件や企業情報によって、自分が本当にその求人に向いているかどうかが分かるからです。例えば、以下のような点に注意してください。

  • 応募条件には、必須条件と歓迎条件があります。必須条件は、応募するために絶対に必要な資格や経験などです。歓迎条件は、あれば望ましいがなくても応募できる資格や経験などです。必須条件を満たさない場合は、応募できないか、あるいは書類選考で落とされる可能性が高いです。歓迎条件を満たさない場合は、応募できますが、他の応募者との差別化が難しくなります。
  • 企業情報には、企業の概要や事業内容、ビジョンやミッション、組織風土や福利厚生などがあります。企業情報を確認することで、自分がその企業で働きたいかどうかが分かります。また、面接や書類選考の際に、企業への興味や関心を示すことができます。

応募条件や企業情報は、求人サイトや企業のホームページ などで確認することができます。また、口コミサイト やSNS などで、現在の社員や元社員の評判や感想を調べることもできます。ただし、口コミサイトやSNSの情報は、個人的な主観や偏見が含まれる場合もあるので、参考程度に留めておくことが望ましいです。

面接や書類選考に真剣に取り組む

ダメ元で応募する場合でも、面接や書類選考に真剣に取り組むことが重要です。なぜなら、面接や書類選考は、自分の能力や適性をアピールする最大のチャンスだからです。例えば、以下のような点に気を付けてください。

  • 面接では、自分の志望動機や強みや弱み、仕事への取り組み方や目標などを明確に伝えることが大切です。また、面接官の質問には丁寧に答えることはもちろんですが、自分からも質問をすることで、積極的な姿勢を示すことができます。
  • 書類選考では、履歴書や職務経歴書 などの書類を作成することが必要です。書類では、自分の経歴やスキルを具体的かつ効果的にアピールすることが重要です。また、求人内容や企業情報に合わせて書類をカスタマイズすることで、自分がその求人にマッチしていることを示すことができます。

面接や書類選考には、事前に準備や練習をすることが望ましいです。また、面接や書類選考の結果に関わらず、フィードバックを求めることで、自分の改善点や課題を見つけることができます。

失敗してもめげない心構えを持つ

ダメ元で応募する場合は、失敗する可能性が高いことを覚悟しておくことが必要です。なぜなら、ダメ元で応募する求人は、自分にとって難易度の高いものである可能性が高いからです。例えば、以下のような場合です。

  • 面接や書類選考で落とされる
  • 採用されても仕事についていけない
  • 採用されても企業や職場に馴染めない

このような場合には、自分を責めたり、転職を諦めたりしないことが大切です。失敗は成功のもとと言います。失敗から学ぶことで、自分の成長につなげることができます。また、失敗は必ずしも悪いことではありません。失敗から逃げずに向き合うことで、自分の強さや魅力を発見することもできます。

【まとめ】ダメ元で応募することは悪くない

この記事では、転職 ダメ元で応募するメリットと注意点について説明しました。ダメ元で応募することには、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の能力や価値を高めることができる
  • 意外な発見や出会いがあるかもしれない
  • 自信やモチベーションを向上させることができる

しかし、ダメ元で応募することには、以下のような注意点もあります。

  • 応募条件や企業情報をしっかり確認する
  • 面接や書類選考に真剣に取り組む
  • 失敗してもめげない心構えを持つ

ダメ元で応募することは、無駄な時間や労力を使ってしまうように思えますが、実は意味があります。ダメ元で応募することで、チャンスを広げることができます。また、自分の成長や発展につながる可能性もあります。

転職は人生の大きな決断です。自分のキャリアや将来に影響します。だからこそ、転職先を選ぶ際には、自分の希望や条件だけではなく、自分の可能性や挑戦も考えてみましょう。ダメ元で応募することは悪くありません。むしろ、良い結果につながるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次