転職したいけどブラックしかない?労働条件の良い会社・企業を見つける方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
job-change-black-only
この記事でわかること
  • ブラック企業とはどんな会社か
  • ブラック企業を見分ける方法
  • 労働条件の良い会社を見つける方法
  • 労働条件の良い会社に転職するコツ

あなたは転職したいと思っていますか?でも、求人情報を見てもブラック企業のような会社ばかりで、どこに応募すればいいのかわからないという悩みを抱えていませんか?

ブラック企業とは、労働基準法や労働契約法などの法律を無視して、従業員に過重な労働や不当な扱いを強いる会社のことです。ブラック企業に入ってしまうと、精神的・肉体的・経済的に大きなダメージを受ける可能性があります。

そこで、この記事では、ブラック企業に入らないために知っておきたいことと、労働条件の良い会社を見つける方法を紹介します。労働条件の良い会社とは、従業員の権利や福利厚生を尊重し、仕事とプライベートのバランスが取れた会社のことです。労働条件の良い会社に転職することで、あなたは自分の能力や価値を発揮し、やりがいや満足感を得ることができます。

転職は自分の人生を変えるチャンスです。ブラック企業にはもううんざり!自分に合った仕事を見つけるコツとは?ぜひ最後まで読んでみてください。

ブラック企業に入らないために知っておきたいこと

ブラック企業とはどんな会社か

ブラック企業とは、一般的に以下のような特徴を持つ会社です。

  • 長時間労働:残業や休日出勤が多く、残業代や休日手当が支払われない場合がある。また、有給休暇や産休・育休などの取得が困難だったり、取得すると不利益を被ったりする場合がある。
  • 低賃金:最低賃金以下や市場価値以下の給与が支払われる場合がある。また、賞与や昇給が少なかったり、遅れたりする場合がある。
  • パワハラ・モラハラ:上司や先輩から暴言や暴力、無理難題や無視などの嫌がらせを受ける場合がある。また、自分の意見や希望が聞かれなかったり、不当な評価や処分を受けたりする場合がある。
  • 退職困難:退職を申し出ると、引き止めや嫌がらせをされたり、退職金や社会保険の手続きが遅れたりする場合がある。また、退職届を受理しなかったり、無断で解雇したりする場合がある。

ブラック企業に入ってしまうと、以下のようなリスクがあります。

  • 健康被害:長時間労働やストレスによって、睡眠不足や疲労、うつ病や過労死などの健康被害を招く可能性があります。また、休暇や医療機関の利用が制限されることで、健康管理ができなくなる可能性もあります。
  • キャリアダウン:低賃金や低スキルな仕事に従事することで、自分の市場価値やキャリアが下がる可能性があります。また、転職活動に必要な時間や資金が確保できないことで、転職のチャンスを逃す可能性もあります。
  • 人間関係の悪化:パワハラやモラハラによって、自信や自尊心が失われる可能性があります。また、仕事に追われて家族や友人とのコミュニケーションが減ることで、孤立や孤独感を感じる可能性もあります。

ブラック企業を見分ける方法

ブラック企業を見分ける方法は、以下のようなものがあります。

  • 求人情報や面接でチェックすべきポイント
    • 求人情報には、会社の概要や仕事内容、給与や待遇などの基本的な情報が明記されているかを確認しましょう。曖昧な表現や具体的な数字がない場合は要注意です。
    • 面接では、労働時間や休日・休暇、残業代や賞与などの詳細を聞いてみましょう。回答が曖昧だったり、嘘だったりする場合は要注意です。
    • 求人情報や面接で気になる点があれば、積極的に質問してみましょう。質問に対して不快そうにしたり、回避したりする場合は要注意です。
  • ブラック企業の口コミや評判を調べる方法
    • インターネット上には、ブラック企業の口コミや評判を掲載しているサイトがあります。例えば、「[転職会議]」、「[エン ライトハウス]」、「[Vorkers]」などです。これらのサイトでは、現在働いている人や過去に働いていた人の生の声を見ることができます。
    • 口コミや評判を調べる際は、以下の点に注意しましょう。
      • 口コミや評判は個人の主観であり、必ずしも真実を反映しているとは限らないこと。一方的な批判や誇張が含まれている場合もあること。
      • 口コミや評判の数や分布を見て、全体的な傾向を把握すること。一部の口コミや評判だけに偏らないこと。
      • 口コミや評判の日付や内容を見て、最新の情報かどうかを確認すること。古い情報や関係のない情報は参考にならない場合もあること。

ブラック企業を見分ける方法は、完璧ではありません。しかし、少なくとも、ブラック企業の可能性が高い会社や、ブラック企業に入ってしまった人の苦労を知ることができます。これらの方法を活用して、ブラック企業に入らないように注意しましょう。

労働条件の良い会社を見つける方法

ブラック企業に入らないために知っておきたいことを紹介しましたが、それだけでは不十分です。あなたは、自分の希望や適性に合った、労働条件の良い会社を見つける必要があります。労働条件の良い会社とは、以下のような特徴を持つ会社です。

  • 適正な労働時間:残業や休日出勤が少なく、残業代や休日手当がきちんと支払われる。また、有給休暇や産休・育休などの取得が容易で、ワークライフバランスが保たれる。
  • 適正な賃金:最低賃金以上や市場価値以上の給与が支払われる。また、賞与や昇給が適時かつ公平に行われる。
  • 良好な人間関係:上司や先輩からの指導や評価が適切で、暴言や暴力、無理難題や無視などの嫌がらせがない。また、自分の意見や希望が尊重され、コミュニケーションが円滑に行われる。
  • 退職しやすさ:退職を申し出ると、理解や協力を得られ、引き止めや嫌がらせをされない。また、退職金や社会保険の手続きがスムーズに行われる。

労働条件の良い会社に転職することで、あなたは以下のようなメリットを得ることができます。

  • 健康増進:適正な労働時間や休暇によって、睡眠や休息、健康管理ができるようになります。また、ストレスが減って精神的に安定することも期待できます。
  • キャリアアップ:適正な賃金や評価によって、自分の能力や価値が認められるようになります。また、スキルアップやキャリアチェンジの機会も増えることも期待できます。
  • 人間関係の充実:良好な人間関係によって、自信や自尊心が高まります。また、仕事以外の時間も家族や友人と楽しく過ごすことができます。

では、労働条件の良い会社を見つける方法はどうすればいいのでしょうか?以下のステップに沿って説明します。

ステップ1:自分の希望や適性を明確にする

まずは、自分が転職する目的や理由を整理しましょう。転職する目的や理由は人それぞれですが、一般的に以下のようなものがあります。

  • 仕事内容:自分の興味やスキルに合った仕事をしたい。自分の成長につながる仕事をしたい。自分の仕事に意義や価値を感じたい。
  • 給与・待遇:自分の能力や責任に見合った給与を得たい。福利厚生や社会保険などの待遇を改善したい。賞与や昇給などの評価を公平に受けたい。
  • 人間関係:上司や先輩、同僚などとの人間関係を良好にしたい。パワハラやモラハラなどのストレスから解放されたい。自分の意見や希望を尊重されたい。
  • 働き方:労働時間や休日・休暇などの働き方を自由にしたい。残業や休日出勤などの負担を減らしたい。ワークライフバランスを保ちたい。
  • 環境・立地:職場や周辺の環境を快適にしたい。通勤時間や距離を短縮したい。自宅近くや希望する地域で働きたい。

これらの目的や理由をもとに、自分が転職先に求める条件を具体的に設定しましょう。例えば、以下のような条件です。

  • 仕事内容:Webデザイナーとして、クリエイティブな仕事ができる会社。最新の技術やトレンドに触れられる会社。社会貢献性の高い仕事ができる会社。
  • 給与・待遇:月給30万円以上、賞与年2回以上、昇給年1回以上の会社。社会保険完備、退職金制度あり、育児支援制度ありの会社。業績や能力に応じた評価制度がある会社。
  • 人間関係:上司や先輩が優しくて教育的な会社。同僚や部下と協力し合える会社。コミュニケーションが活発でオープンな会社。
  • 働き方:フレックスタイム制や在宅勤務制度がある会社。残業時間が月20時間以下、休日出勤がほとんどない会社。有給休暇や産休・育休などの取得が容易な会社。
  • 環境・立地:オフィスが清潔で快適な会社。駅から徒歩10分以内、自宅から1時間以内の会社。自分の希望する都道府県や市区町村で募集している会社。

次に、自分の強みやスキル、興味や価値観を把握しましょう。自分が持っている能力や経験、知識や資格などを振り返ってみましょう。また、自分が好きなことや得意なこと、興味があることや重視することなどを考えてみましょう。

これらの強みやスキル、興味や価値観をもとに、自分に合った職種や業界、企業文化などを探しましょう。例えば、以下のような職種や業界、企業文化です。

  • 職種:Webデザイナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、アニメーター、ゲームデザイナーなど
  • 業界:IT・インターネット業界は、インターネットやコンピュータなどの情報技術を利用して、サービスやソフトウェア、ハードウェアなどを提供する業界です。この業界は、常に技術革新や市場変化に対応しており、多様な分野やニーズに応えることができます。この業界で働くメリットは、以下のようなものがあります。
  • クリエイティビティ:IT・インターネット業界では、自分のアイデアやセンスを活かして、オリジナルな作品やサービスを生み出すことができます。また、最新の技術やトレンドに触れることで、自分の知識やスキルを広げることができます。
  • 社会貢献性:IT・インターネット業界では、インターネットやコンピュータなどの情報技術を使って、社会の課題やニーズに応えることができます。例えば、教育や医療、環境などの分野で、便利で役立つサービスやソフトウェアを開発することができます。
  • 柔軟な働き方:IT・インターネット業界では、フレックスタイム制や在宅勤務制度などの柔軟な働き方が可能な会社が多いです。また、インターネットやコンピュータなどの情報技術を使って、自分の好きな場所や時間で仕事をすることができます。

企業文化:IT・インターネット業界では、以下のような企業文化が一般的です。

  • チームワーク:IT・インターネット業界では、プロジェクトごとにチームを組んで仕事をすることが多いです。チームメンバーは互いに協力し合い、意見交換やフィードバックを行います。また、チームリーダーや上司はメンバーの自主性や創造性を尊重し、指導や評価を行います。
  • オープンネス:IT・インターネット業界では、オープンソースやクラウドソーシングなどの共創の文化が根付いています。企業内外の人々と積極的にコミュニケーションを取り、知識や情報を共有し、協力し合います。また、新しいアイデアや提案に対しても柔軟に受け入れます。
  • 自己実現:IT・インターネット業界では、自分の興味やスキルに合った仕事を選ぶことができます。また、自分の作品やサービスに対して責任を持ち、成果や評価を得ることができます。さらに、自分のキャリアプランに沿ってスキルアップやキャリアチェンジをすることもできます。

以上のように、IT・インターネット業界は、あなたの強みやスキル、興味や価値観に合った職種や企業文化が見つかる可能性が高いです。もし、あなたがクリエイティブで社会貢献性の高い仕事をしたいと考えているなら、この業界はあなたにぴったりかもしれません。

ステップ2:労働条件の良い会社の求人情報を探す

自分の希望や適性を明確にしたら、次は労働条件の良い会社の求人情報を探しましょう。求人情報を探す方法は、以下のようなものがあります。

  • インターネット:インターネット上には、多数の求人サイトや転職サイトがあります。これらのサイトでは、自分の希望する職種や業界、地域などで検索することができます。また、企業の詳細な情報や口コミ、評判なども見ることができます。例えば、「[リクナビ]」、「[マイナビ]」、「[DODA]」、「[エンジャパン]」、「[グリーン]」などです。
  • 紹介会社:紹介会社とは、転職希望者と求人企業をマッチングさせる会社です。紹介会社では、専任のコンサルタントがあなたの希望や適性に合わせて、労働条件の良い会社を紹介してくれます。また、履歴書や面接のアドバイスやフォローもしてくれます。例えば、「[リクルートエージェント]」、「[dip]」、「[パソナキャリア]」、「[ワークポート]」、「[キャリアデザインセンター]」などです。
  • 人脈:人脈とは、自分が知っている人や知り合った人のことです。人脈を活用することで、労働条件の良い会社の内部情報や紹介を得ることができます。例えば、以下のような人脈があります。
    • 友人・知人:友人や知人は、自分と同じ職種や業界で働いている場合もあるし、違う職種や業界で働いている場合もあります。どちらにしても、彼らは自分に近い立場で仕事をしているので、労働条件や企業文化などについてリアルな情報を教えてくれる可能性があります。
    • 先輩・同期・後輩:先輩や同期や後輩は、自分と同じ学校や会社で学んだり働いたりした人です。彼らは自分と似たような経歴やスキルを持っているので、自分に合った仕事を紹介してくれる可能性があります。
    • 専門家・講師・メンター:専門家や講師やメンターは、自分が学んだり教わったりした人です。彼らは自分の専門分野や業界に詳しくて信頼できる人なので、労働条件や企業文化などについて専門的な情報を教えてくれる可能性があります。

求人情報を探す際は、以下の点に注意しましょう。

  • 多角的に探す:インターネットだけでなく、紹介会社や人脈なども活用して、多角的に求人情報を探しましょう。それぞれの方法にはメリットとデメリットがありますが、複数の方法を組み合わせることで、労働条件の良い会社の求人情報を見逃さないことができます。
  • 比較検討する:求人情報を探したら、自分の希望や適性に合っているかどうかを比較検討しましょう。求人情報には、仕事内容や給与・待遇などの基本的な情報だけでなく、労働時間や休日・休暇などの働き方や、企業の理念や方針などの企業文化なども含まれています。これらの情報をもとに、自分が働きたい会社のイメージと照らし合わせてみましょう。
  • 確認する:求人情報を比較検討したら、気になる会社に対して確認することが大切です。確認する方法は、以下のようなものがあります。
    • 問い合わせる:気になる会社に対して、電話やメールなどで問い合わせることができます。問い合わせる際は、求人情報に書かれていないことや気になることを具体的に聞きましょう。例えば、残業時間や休日出勤の実態や、評価制度やキャリアパスの具体例などです。
    • エントリーする:気になる会社に対して、エントリーすることができます。エントリーする際は、履歴書や職務経歴書などを送付します。履歴書や職務経歴書では、自分の強みやスキル、興味や価値観をアピールしましょう。
    • 面接する:気になる会社に対して、面接することができます。面接する際は、自分の希望や適性を伝えるだけでなく、会社の労働条件や企業文化についても質問しましょう。面接では、自分と会社の相性を確かめることができます。

以上のように、労働条件の良い会社の求人情報を探す方法は、多様であります。あなたは、自分に合った方法を選んで、労働条件の良い会社を見つけましょう。

ステップ3:労働条件の良い会社の選び方

労働条件の良い会社の求人情報を探したら、次は労働条件の良い会社の選び方を知る必要があります。労働条件の良い会社を選ぶ際は、以下の点に注意しましょう。

  • 自分の優先順位を決める:労働条件の良い会社とは、自分にとって最も重要な条件が満たされている会社です。しかし、すべての条件が完璧に揃っている会社はなかなかありません。そこで、自分が転職する目的や理由に基づいて、自分にとって最も重要な条件を優先順位付けしましょう。例えば、以下のような優先順位です。
    • 仕事内容 > 給与・待遇 > 人間関係 > 働き方 > 環境・立地:仕事内容が自分の興味やスキルに合っていて、成長や貢献ができることが最も重要だと考える人は、このような優先順位になるかもしれません。
    • 給与・待遇 > 働き方 > 仕事内容 > 人間関係 > 環境・立地:給与や待遇が自分の能力や責任に見合っていて、生活や将来が安定することが最も重要だと考える人は、このような優先順位になるかもしれません。
    • 人間関係 > 働き方 > 環境・立地 > 仕事内容 > 給与・待遇:人間関係が良好で、ストレスやトラブルが少なく、楽しく働けることが最も重要だと考える人は、このような優先順位になるかもしれません。
  • 複数の会社を比較する:労働条件の良い会社を選ぶ際は、一つの会社だけでなく、複数の会社を比較することが大切です。複数の会社を比較することで、自分にとって最も合った会社を見つけることができます。比較する際は、以下の方法があります。
    • 表を作る:表を作って、各会社の労働条件や企業文化などを一覧で見ることができます。表では、自分の優先順位に沿って、各条件に点数や評価を付けてみましょう。例えば、以下のような表です。
会社名仕事内容給与・待遇人間関係働き方環境・立地合計
A社Webデザイナーとしてクリエイティブな仕事ができる(5点)月給30万円以上、賞与年2回以上(4点)上司や同僚と協力し合える(4点)フレックスタイム制あり(4点)駅から徒歩10分以内(5点)22点
B社Webデザイナーとして社会貢献性の高い仕事ができる(5点)月給25万円以上、賞与年1回以上(3点)上司や同僚とコミュニケーションが活発(5点)在宅勤務制度あり(5点)自宅から1時間以内(4点)22点
C社Webデザイナーとして最新の技術やトレンドに触れられる仕事ができる(5点)月給35万円以上、賞与年3回以上(5点)上司や同僚と競争し合う(2点)残業時間が月30時間以上(2点)駅から徒歩20分以上(3点)17点
  • メリット・デメリットを挙げる:メリット・デメリットを挙げて、各会社の良い点と悪い点を整理することができます。メリット・デメリットでは、自分の優先順位に沿って、各条件についてプラス面とマイナス面を考えてみましょう。例えば、以下のようなメリット・デメリットです。
会社名メリットデメリット
A社・仕事内容が自分の興味やスキルに合っている<br>・給与や待遇が市場価値に見合っている<br>・人間関係が協調的である<br>・働き方が自由度が高い<br>・環境・立地が快適である・特になし
B社・仕事内容が自分の価値観に合っている<br>・人間関係がコミュニケーションが豊かである<br>・働き方が柔軟である<br>・環境・立地が便利である・給与や待遇が低めである
C社・仕事内容が自分の成長につながる<br>・給与や待遇が高めである・人間関係が競争的である<br>・働き方が負担が大きい<br>・環境・立地が不便である
  • 最終決定する:複数の会社を比較したら、最終的に労働条件の良い会社を決定しましょう。最終決定する際は、以下の点に注意しましょう。
    • 自分の気持ちを確かめる:最終決定する前に、自分の気持ちを確かめましょう。自分は本当にその会社で働きたいと思っていますか?その会社で働くことで、自分は幸せになれますか?その会社で働くことに不安や後悔はありませんか?自分の気持ちに正直になってみましょう。
    • 迷ったら相談する:最終決定する前に、迷ったら相談しましょう。相談する相手は、自分をよく知っていて、信頼できて、客観的な意見を言ってくれる人です。例えば、家族や友人、先輩や同期、専門家やコンサルタントなどです。相談する際は、自分の希望や適性に合わせて、労働条件の良い会社を探す方法と選び方を説明しました。この記事があなたの転職活動に役立つことを願っています。最後に、労働条件の良い会社に転職するためには、以下のことを忘れないでください。
  • 自分の目的や理由を明確にする:転職する目的や理由は、あなたの転職活動の指針となります。自分が何を求めているのか、何に満足できるのか、何に不満を感じているのかを整理しましょう。
  • 自分の強みやスキルをアピールする:転職する際は、自分の強みやスキルをアピールすることが重要です。自分が持っている能力や経験、知識や資格などを振り返ってみましょう。また、自分が好きなことや得意なこと、興味があることや重視することなども伝えましょう。
  • 自分の気持ちに正直になる:転職する際は、自分の気持ちに正直になることが大切です。自分は本当にその会社で働きたいと思っていますか?その会社で働くことで、自分は幸せになれますか?その会社で働くことに不安や後悔はありませんか?自分の気持ちを確かめてみましょう。
目次

まとめ

  • 労働条件の良い会社とは、適正な労働時間、適正な賃金、良好な人間関係、退職しやすさなどの特徴を持つ会社です。
  • 労働条件の良い会社に転職することで、健康増進、キャリアアップ、人間関係の充実などのメリットを得ることができます。
  • 労働条件の良い会社を見つける方法は、自分の希望や適性を明確にする、労働条件の良い会社の求人情報を探す、労働条件の良い会社の選び方を知る、の3つのステップに分けられます。
  • 労働条件の良い会社を選ぶ際は、自分の優先順位を決める、複数の会社を比較する、最終決定する、の3つのポイントに注意しましょう。
  • 労働条件の良い会社に転職するためには、自分の目的や理由を明確にする、自分の強みやスキルをアピールする、自分の気持ちに正直になる、ことが大切です。

以上で、この記事は終わりです。あなたが労働条件の良い会社に転職できることを祈っています。

job-change-black-only

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次