ドローンの飛行禁止空域を知らないと大変!最新情報と対策方法を徹底解説

drone-prohibited-area

ドローンは趣味やビジネスに活用できる便利な機器ですが、飛行させる場所や条件には制限があります。ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域を知らないと、法律違反や事故の原因になってしまう可能性があります。この記事では、ドローンの飛行禁止空域とその確認方法、飛行許可や承認の申請方法と必要書類、飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合の罰則や責任について解説します。ドローンを楽しむためには、これらの情報をしっかりと把握しておくことが重要です。

この記事でわかること
  • ドローンの飛行禁止空域の種類と範囲
  • ドローンの飛行禁止空域の確認方法
  • ドローンの飛行許可や承認の申請方法と必要書類
  • ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合の罰則や責任
目次

ドローンの飛行禁止空域とは

ドローンの飛行禁止空域とは、国家安全や公共秩序、個人権利などを守るために、法律や規則で定められたドローンを飛行させてはいけない空域のことです。ドローンの飛行禁止空域には、以下のような種類と範囲があります。

飛行禁止空域の種類と範囲

  • 防衛施設周辺空域:自衛隊基地や米軍基地などの防衛施設から半径300m以内の空域。国家安全保障上の理由から、ドローンを含む一切の航空機が飛行できません。
  • 原子力施設周辺空域:原子力発電所や核燃料施設などの原子力施設から半径3km以内の空域。原子力災害防止上の理由から、ドローンを含む一切の航空機が飛行できません。
  • 航空法上の制限区域:首相官邸や国会議事堂、皇居などの重要施設周辺や大規模イベント会場などで設定される空域。国家機能や公共秩序維持上の理由から、ドローンを含む一切の航空機が飛行できません。
  • 空港やヘリポートなどの航空機が発着する空域やその周辺:航空機が発着する空港やヘリポートの敷地内や周辺の空域。航空機との衝突や妨害を防ぐために、ドローンを含む一切の航空機が飛行できません。
  • 火災現場や事故現場などの緊急用務空域:消防や警察などの緊急用務機関が活動する空域。緊急用務機関の活動を妨げないために、ドローンを含む一切の航空機が飛行できません。
  • 国立公園や世界遺産などの自然保護区域や文化財保護区域:国立公園法や文化財保護法などで定められた自然や文化財を保護するための区域。自然や文化財の保護や景観の維持のために、ドローンを含む一切の航空機が飛行できません。

これらの飛行禁止空域は、ドローンを飛行させる前に必ず確認しておく必要があります。では、どうやって確認するのでしょうか?次の項では、ドローンの飛行禁止空域の確認方法について解説します。

ドローンの飛行禁止空域の確認方法

ドローンの飛行禁止空域は、ウェブサイトやアプリなどを利用して確認することができます。ここでは、主な確認方法を紹介します。

国土交通省が提供する「ドローン飛行マップ」や「ドローン飛行情報システム」などを利用する

国土交通省は、ドローンの飛行禁止空域や特定条件下で飛行させるために必要な許可・承認などを地図上で表示する「ドローン飛行マップ」というウェブサイトを提供しています。このサイトでは、全国各地の飛行禁止空域や制限区域、緊急用務空域などを確認できます。また、スマートフォン向けに「ドローン飛行情報システム」というアプリも提供しています。このアプリでは、現在地周辺の飛行禁止空域や制限区域、緊急用務空域などを確認できるほか、飛行許可申請書も作成できます。これらのサイトやアプリは、ドローンを飛行させる前に必ずチェックしておくことをおすすめします。

航空法上の制限区域については、国土交通省航空局のウェブサイトで公表されている「制限区域一覧表」を参照する

航空法上の制限区域は、首相官邸や国会議事堂、皇居などの重要施設周辺や大規模イベント会場などで設定される空域です。これらの制限区域は、国土交通省航空局がウェブサイトで公表している「制限区域一覧表」を参照することで、制限区域の設定期間や範囲、理由などを確認できます。ただし、この一覧表は随時更新されるものではないので、最新の情報を得るには、国土交通省航空局に問い合わせる必要があります。

緊急用務空域については、消防庁や警察庁などの関係機関が発表する情報をチェックする

緊急用務空域は、消防や警察などの緊急用務機関が活動する空域です。これらの空域は、火災現場や事故現場などの状況に応じて臨時に設定されることがあります。緊急用務空域の設定や解除については、消防庁や警察庁などの関係機関がウェブサイトやSNSなどで発表します。これらの情報をリアルタイムでチェックすることで、緊急用務空域の存在や範囲を把握できます。

以上がドローンの飛行禁止空域の確認方法です。ドローンの飛行禁止空域を知っておくことは、ドローンを安全に楽しむために欠かせません。しかし、飛行禁止空域以外でも、人口集中地区や夜間、高度150m以上などの特定条件下で飛行させる場合は、国土交通大臣の許可が必要です。また、飛行禁止空域内で飛行させる場合は、関係機関の承認が必要です。次の項では、ドローンの飛行許可や承認の申請方法と必要書類について解説します。

ドローンの飛行許可や承認の申請方法と必要書類

ドローンの飛行許可や承認とは、国土交通大臣や関係機関から、ドローンを飛行させることについて許可や承認を得ることです。ドローンの飛行許可や承認が必要な場合と不要な場合、申請方法と必要書類、申請期間と費用について解説します。

飛行許可や承認が必要な場合と不要な場合

ドローンの飛行許可や承認が必要な場合と不要な場合は、以下のように分けられます。

  • 飛行許可や承認が必要な場合
    • 飛行禁止空域以外で、人口集中地区や夜間、高度150m以上などの特定条件下で飛行させる場合は、国土交通大臣の許可が必要です。
    • 飛行禁止空域内で飛行させる場合は、関係機関の承認が必要です。
  • 飛行許可や承認が不要な場合
    • 飛行禁止空域以外で、人口集中地区や夜間、高度150m以上などの特定条件下で飛行させない場合は、国土交通大臣の許可は不要です。
    • 飛行禁止空域内で飛行させない場合は、関係機関の承認は不要です。

飛行許可や承認の申請方法と必要書類

ドローンの飛行許可や承認の申請方法と必要書類は、以下のようになります。

  • 飛行許可の申請方法と必要書類
    • 飛行許可は、国土交通省航空局のウェブサイトでダウンロードできる「無人航空機等による特定航空法違反防止措置に係る許可申請書」に必要事項を記入して提出します。
    • 必要事項には、申請者の氏名や住所、連絡先、ドローンの型式や重量、飛行予定日時や場所、目的や内容などが含まれます。
    • 申請書は郵送またはメールで提出できます。メールで提出する場合は、「無人航空機等による特定航空法違反防止措置に係る許可申請書」をPDFファイルにして添付し、「無人航空機等による特定航空法違反防止措置に係る許可申請」という件名で送信します。
  • 飛行承認の申請方法と必要書類
    • 飛行承認は、関係機関によって異なりますが、一般的には「無人航空機等による特定航空法違反防止措置に係る承認申請書」や「飛行計画書」などの書類を作成して提出します。
    • 必要事項には、申請者の氏名や住所、連絡先、ドローンの型式や重量、飛行予定日時や場所、目的や内容などが含まれます。
    • 申請書は郵送またはメールで提出できます。メールで提出する場合は、「無人航空機等による特定航空法違反防止措置に係る承認申請書」や「飛行計画書」をPDFファイルにして添付し、「無人航空機等による特定航空法違反防止措置に係る承認申請」という件名で送信します。

飛行許可や承認の申請期間と費用

ドローンの飛行許可や承認の申請期間と費用は、以下のようになります。

  • 飛行許可の申請期間と費用
    • 飛行許可は、飛行予定日の10営業日前までに申請することが望ましいです。申請が遅れる場合は、事前に国土交通省航空局に連絡する必要があります。
    • 飛行許可の費用は無料です。
  • 飛行承認の申請期間と費用
    • 飛行承認は、関係機関によって異なりますが、一般的には飛行予定日の2週間前までに申請することが望ましいです。申請が遅れる場合は、事前に関係機関に連絡する必要があります。
    • 飛行承認の費用は有料の場合もあります。費用は関係機関に問い合わせて確認してください。

以上がドローンの飛行許可や承認の申請方法と必要書類です。ドローンを飛行させる前には、必ず飛行許可や承認を得ることを忘れないでください。もしも、ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合は、どのような罰則や責任を負うことになるのでしょうか?次の項では、ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合の罰則や責任について解説します。

ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合の罰則や責任

ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合は、法律や規則によって罰則や責任が定められています。ドローンを飛行させる際には、これらの罰則や責任を十分に理解しておくことが重要です。ここでは、ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合の罰則や責任について解説します。

罰則

ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合は、以下のような罰則があります。

  • 航空法に違反した場合:航空法は、航空機の安全や秩序を保つための法律です。航空法には、ドローンを含む一切の航空機が守らなければならない規則が定められています。例えば、飛行禁止空域や制限区域で飛行させたり、人口集中地区や夜間、高度150m以上などの特定条件下で飛行させる場合は、国土交通大臣の許可が必要です。もしも、航空法に違反した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。
  • 火災現場等航空法施行規則に違反した場合:火災現場等航空法施行規則は、消防や警察などの緊急用務機関が活動する火災現場や事故現場などで設定される緊急用務空域に関する規則です。この規則により、緊急用務空域では、ドローンを含む一切の航空機が飛行できません。もしも、火災現場等航空法施行規則に違反した場合は、6か月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。
  • その他の法令に違反した場合:ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域以外にも、ドローンを飛行させることで他の法令に違反する可能性があります。例えば、防衛施設周辺空域で飛行させた場合は、防衛関係施設等周辺地区警備法に違反する可能性があります。また、原子力施設周辺空域で飛行させた場合は、原子力発電所等周辺地区警備法に違反する可能性があります。その他の法令に違反した場合は、それぞれの法令に定められた罰則が適用されます。

責任

ドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反しただけでなく、ドローンの飛行によって人や物に損害を与えたり、他人のプライバシーや肖像権を侵害したり、国家機密や個人情報などを漏洩したりする場合は、以下のような責任を負うことになります。

  • 民事上の損害賠償責任:ドローンの飛行によって人や物に損害を与えた場合は、民事上の損害賠償責任を負います。例えば、ドローンが墜落して人にけがをさせたり、物に破損を与えたりした場合は、被害者に対して損害賠償を支払う必要があります。損害賠償の額は、被害の程度や状況によって異なりますが、数百万円から数千万円にもなる可能性があります。
  • 民事上の不法行為責任:ドローンの飛行によって他人のプライバシーや肖像権を侵害した場合は、民事上の不法行為責任を負います。例えば、ドローンで他人の私生活や顔などを撮影したり、SNSやYouTubeなどで公開したりした場合は、被写体に対して損害賠償や謝罪などを求められる可能性があります。損害賠償の額は、被害の程度や状況によって異なりますが、数十万円から数百万円にもなる可能性があります。
  • 刑事上の情報漏洩罪など:ドローンの飛行によって国家機密や個人情報などを漏洩した場合は、刑事上の情報漏洩罪などに問われる可能性があります。例えば、ドローンで防衛施設や原子力施設などの重要施設の内部や周辺を撮影したり、SNSやYouTubeなどで公開したりした場合は、国家安全保障法や原子力基本法などに違反する可能性があります。情報漏洩罪などに問われた場合は、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

以上がドローンの飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合の罰則や責任です。ドローンを飛行させる際には、これらの罰則や責任を十分に理解しておくことが重要です。ドローンは楽しい趣味やビジネスに活用できる便利な機器ですが、飛行させる場所や条件には制限があります。ドローンを安全に楽しむためには、飛行禁止空域や緊急用務空域を知っておくことが重要です。

まとめ:ドローンの飛行禁止空域を知って安全に楽しもう

この記事では、ドローンの飛行禁止空域とその確認方法、飛行許可や承認の申請方法と必要書類、飛行禁止空域や緊急用務空域に違反した場合の罰則や責任について解説しました。ドローンを楽しい趣味やビジネスに活用できる便利な機器ですが、飛行させる場所や条件には制限があります。ドローンを安全に楽しむためには、飛行禁止空域や緊急用務空域を知っておくことが重要です。また、飛行許可や承認を得ることも忘れないでください。ドローンの飛行ルールや手続きを簡単に知りたい方は、国土交通省が提供する「ドローン飛行マップ」や「ドローン飛行情報システム」などのウェブサイトやアプリを活用してみてください。ドローンを安全に楽しみましょう!

drone-prohibited-area

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次