ドローンの国家資格が必要な理由と取得方法【2023年最新版】

drone-license

ドローンは、空撮や配送、農業や測量など、様々な用途で活用されています。しかし、ドローンを飛行させるには、法令や規制に従う必要があります。その中でも、特に重要なのが「ドローンの国家資格」です。

ドローンの国家資格とは、無人航空機を飛行させるために必要な技能(知識と能力)を証明する資格制度です。2022年12月5日から制度が開始されました。一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士の2種類があります。

この記事でわかること
  • ドローンの国家資格とは何か?
  • ドローンの国家資格の取得方法
  • ドローンの国家資格のメリットと必要性
目次

ドローンの国家資格とは何か?

まずは、ドローンの国家資格について基本的なことをおさらいしましょう。

ドローンの国家資格とは

ドローンの国家資格とは、無人航空機を飛行させるために必要な技能(知識と能力)を証明する資格制度です。この制度は、国土交通省が管理しています。

ドローンの国家資格には、一等無人航空機操縦士と二等無人航空機操縦士の2種類があります。それぞれによって、飛行可能な無人航空機の種類や重量、時間帯、空域などが異なります。

一等無人航空機操縦士は、以下の条件で飛行できます。

  • 最大離陸重量が25kg以上150kg以下の無人航空機
  • 夜間や目視外での飛行
  • 人口密集地域や空港周辺などの特定空域での飛行

二等無人航空機操縦士は、以下の条件で飛行できます。

  • 最大離陸重量が25kg以下の無人航空機
  • 昼間で目視範囲内での飛行
  • 一般空域での飛行

ドローンの国家資格が必要となる飛行条件

ドローンを飛行させる場合、必ずしも国家資格が必要というわけではありません。しかし、以下のような条件で飛行する場合は、国家資格が必要になります。

  • 最大離陸重量が25kg以上の無人航空機を飛行させる場合
  • 夜間や目視外での飛行を行う場合
  • 人口密集地域や空港周辺などの特定空域での飛行を行う場合

これらの条件に該当する場合は、一等無人航空機操縦士の資格が必要です。また、最大離陸重量が25kg以下の無人航空機でも、昼間で目視範囲内で一般空域で飛行する場合は、二等無人航空機操縦士の資格が必要です。

これらの条件に該当しない場合でも、ドローンの飛行に関する法令や規制に従う必要があります。例えば、以下のようなルールがあります。

  • 飛行前には、無人航空機の点検や周辺環境の確認を行うこと
  • 飛行中には、無人航空機の位置や高度、速度などを把握し、他の航空機や障害物との衝突を回避すること
  • 飛行後には、無人航空機の状態や飛行記録を確認し、必要な場合は報告すること

ドローンの飛行に関する法令や規制は、時々変更されることがあります。最新の情報は、国土交通省のウェブサイトやドローン情報ポータルサイトなどで確認してください。

ドローンの国家資格の取得方法

次に、ドローンの国家資格の取得方法について見ていきましょう。

ドローンの国家資格の申請手続き

ドローンの国家資格を取得するためには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. オンラインで本人確認手続きを行い、技能証明申請者番号を取得する
  2. 登録講習機関で学科と実地の無人航空機講習を受講する
  3. 指定試験機関で学科試験、実地試験、身体検査を受験する(実地試験は登録講習機関で修了した場合は免除)
  4. 国土交通省に技能証明書の交付申請を行い、手数料と登録免許税(一等のみ)を納付する

それぞれの手順について詳しく見ていきましょう。

1. オンラインで本人確認手続きを行い、技能証明申請者番号を取得する

まずは、オンラインで本人確認手続きを行います。この手続きは、国土交通省が運営する「無人航空機技能証明システム」で行えます。このシステムでは、以下のような情報を入力します。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パス

2. 登録講習機関で学科と実地の無人航空機講習を受講する

次に、登録講習機関で学科と実地の無人航空機講習を受講します。この講習は、ドローンの飛行に必要な知識や技能を身につけるためのものです。登録講習機関は、国土交通省が認定した民間の教育機関です。全国各地にあります。

学科の無人航空機講習では、以下のような内容が教えられます。

  • 無人航空機に関する法令や規制
  • 無人航空機の安全管理や事故防止
  • 無人航空機の飛行計画や飛行記録
  • 無人航空機の点検や整備
  • 無人航空機の気象や航空法規
  • 無人航空機の非常時対応や報告

実地の無人航空機講習では、以下のような内容が教えられます。

  • 無人航空機の操作方法や飛行技術
  • 無人航空機の離着陸や飛行操作
  • 無人航空機の周辺環境や他の航空機との衝突回避
  • 無人航空機の故障やトラブルへの対処

登録講習機関で実地試験に合格した場合は、指定試験機関での実地試験は免除されます。ただし、学科試験と身体検査は必ず受ける必要があります。

登録講習機関での講習時間は、一等無人航空機操縦士は学科が12時間、実地が8時間、二等無人航空機操縦士は学科が6時間、実地が4時間です。ただし、これらは最低限必要な時間であり、個人差や登録講習機関によって異なる場合があります。

登録講習機関での講習費用は、一等無人航空機操縦士は約15万円から20万円、二等無人航空機操縦士は約5万円から10万円です。これらも登録講習機関によって異なる場合があります。

登録講習機関で受けることができる無人航空機の種類や重量も限られています。例えば、一等無人航空機操縦士は最大離陸重量が25kg以上150kg以下の無人航空機を飛行させることができますが、登録講習機関で受けることができる無人航空機は最大離陸重量が25kg以下です。そのため、自分が飛行させたい無人航空機の種類や重量に合わせて、登録講習機関を選ぶ必要があります。

登録講習機関の一覧は、国土交通省のウェブサイトやドローン情報ポータルサイトなどで確認できます。また、登録講習機関の評判や口コミも参考にすると良いでしょう。

3. 指定試験機関で学科試験、実地試験、身体検査を受験する(実地試験は登録講習機関で修了した場合は免除)

次に、指定試験機関で学科試験、実地試験、身体検査を受験します。この試験は、ドローンの飛行に必要な知識や技能を測るためのものです。指定試験機関は、国土交通省が認定した民間の試験機関です。全国各地にあります。

学科試験では、以下のような科目が出題されます。

  • 無人航空機に関する法令
  • 無人航空機の安全管理
  • 無人航空機の気象
  • 無人航空機の航空法規

学科試験は、一等無人航空機操縦士は50問中40問以上正解、二等無人航空機操縦士は40問中30問以上正解しなければなりません。学科試験の時間は、一等無人航空機操縦士は60分、二等無人航空機操縦士は45分です。

実地試験では、以下のような内容が評価されます。

  • 無人航空機の点検
  • 無人航空機の離着陸
  • 無人航空機の飛行操作
  • 無人航空機の非常時対応

実地試験は、一等無人航空機操縦士は20分間、二等無人航空機操縦士は15分間で行われます。実地試験では、自分が持参した無人航空機を使用します。ただし、無人航空機の種類や重量によっては、指定試験機関で貸し出しやレンタルが可能な場合もあります。

身体検査では、以下のような項目が検査されます。

  • 身長・体重・BMI
  • 血圧・脈拍
  • 視力・色覚・聴力
  • 心電図・胸部レントゲン

身体検査は、一等無人航空機操縦士は医師による診断書が必要です。二等無人航空機操縦士は自己申告書で済みますが、医師による診断書を提出することもできます。

指定試験機関での受験申請費用は、一等無人航空機操縦士は約5万円から10万円、二等無人航空機操縦士は約2万円から5万円です。これらも指定試験機関によって異なる場合があります。

指定試験機関の一覧は、国土交通省のウェブサイトやドローン情報ポータルサイトなどで確認できます。また、指定試験機関の評判や口コミも参考にすると良いでしょう。

4. 国土交通省に技能証明書の交付申請を行い、手数料と登録免許税(一等のみ)を納付する

最後に、国土交通省に技能証明書の交付申請を行います。この申請は、オンラインで行えます。申請には、以下のような書類が必要です。

  • 技能証明申請書
  • 学科試験合格証明書
  • 実地試験合格証明書(登録講習機関で修了した場合は不要)
  • 身体検査診断書(一等無人航空機操縦士のみ)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 写真(3cm×2.4cmの上半身正面無帽のもの)

申請には、手数料と登録免許税(一等無人航空機操縦士のみ)が必要です。手数料は、一等無人航空機操縦士は1,000円、二等無人航空機操縦士は500円です。登録免許税は、一等無人航空機操縦士は3,000円です。これらの費用は、オンラインでクレジットカードやコンビニ決済などで支払えます。

申請が完了すると、国土交通省から技能証明書が郵送されます。技能証明書は、カード型で表面に写真や氏名、資格種別などが記載されています。裏面には、QRコードやICチップが埋め込まれており、無人航空機技能証明システムで情報を確認できます。

技能証明書は、飛行前に必ず持参する必要があります。また、飛行中には、他の航空機や警察などから提示を求められる場合があります。その際には、速やかに技能証明書を見せる必要があります。

技能証明書の有効期間は、一等無人航空機操縦士は5年間、二等無人航空機操縦士は10年間です。有効期間が切れる前には、更新手続きを行う必要があります。更新手続きには、再度学科試験や身体検査を受ける必要があります。

ドローンの国家資格のメリットと必要性

最後に、ドローンの国家資格のメリットと必要性について見ていきましょう。

ドローンの国家資格を取得するメリット

ドローンの国家資格を取得すると、以下のようなメリットがあります。

  • 飛行可能な無人航空機の種類や重量、時間帯、空域などが拡大される
  • ドローンをビジネスで活用する際に信頼性や競争力が高まる
  • ドローンの安全な飛行に必要な知識や技能が身につく

まず、飛行可能な無人航空機の種類や重量、時間帯、空域などが拡大されます。これは、ドローンの飛行に関する法令や規制が厳しくなっているためです。例えば、最大離陸重量が25kg以上の無人航空機を飛行させるには、一等無人航空機操縦士の資格が必要です。また、夜間や目視外での飛行や人口密集地域や空港周辺などの特定空域での飛行も、一等無人航空機操縦士の資格が必要です。

これらの条件に該当する場合は、国家資格を取得しなければ飛行できません。しかし、国家資格を取得すれば、これらの条件に制限されずに飛行できます。これは、ドローンの活用範囲や可能性を広げることにつながります。

次に、ドローンをビジネスで活用する際に信頼性や競争力が高まります。これは、ドローンのビジネス市場が拡大しているためです。例えば、以下のようなビジネスがあります。

  • 空撮や映像制作
  • 配送や物流
  • 農業や測量
  • 教育や研究
  • 社会貢献や災害対策

これらのビジネスでは、ドローンの飛行に関する法令や規制を遵守することはもちろん、安全性や品質を保証することが重要です。そのため、国家資格を取得していることは、顧客やパートナーからの信頼や評価を高めることにつながります。また、国家資格を取得していることは、他の競合との差別化にもなります。

最後に、ドローンの安全な飛行に必要な知識や技能が身につきます。これは、ドローンの飛行に関する事故やトラブルを防ぐためです。例えば、以下のような事故やトラブルがあります。

  • 無人航空機の故障や墜落
  • 他の航空機や障害物との衝突
  • 無人航空機の紛失や盗難
  • 無人航空機の不正使用や悪用

これらの事故やトラブルは、自分だけでなく他人や社会にも被害を及ぼす可能性があります。そのため、ドローンの飛行に関する法令や規制を知り、遵守することはもちろん、ドローンの点検や整備、飛行計画や飛行記録、非常時対応や報告などを正しく行うことが必要です。

国家資格を取得する過程では、これらの知識や技能を学ぶことができます。また、定期的に更新手続きを行うことで、最新の情報や技術にも対応できます。これは、ドローンの安全な飛行を確保することにつながります。

ドローンの国家資格が必要となる理由

ドローンの国家資格が必要となる理由について見ていきましょう。

ドローンの国家資格が必要となる理由は、以下のようなものがあります。

  • ドローンの普及に伴って、空域の混雑や事故のリスクが高まっていること
  • ドローンの飛行に関する法令や規制が厳しくなっていること
  • ドローンの飛行に関する社会的な責任や義務が重くなっていること

まず、ドローンの普及に伴って、空域の混雑や事故のリスクが高まっていることです。ドローンは、趣味やビジネスで多くの人に使われていますが、それと同時に、空中でのトラブルも増えています。例えば、以下のような事例があります。

  • 2015年4月、日本で首相官邸の屋上にドローンが着陸し、放射性物質を搭載していたことが発覚した事件
  • 2018年12月、イギリスでガトウィック空港がドローンの飛行により閉鎖され、約14万人の旅行者に影響が出た事件
  • 2020年9月、アメリカでカリフォルニア州の山火事現場で消防用ヘリコプターがドローンと衝突しかけた事件

これらの事例は、ドローンが人や物に危害を及ぼす可能性を示しています。そのため、ドローンを飛行させる際には、安全性や法令遵守を確保することが求められます。国家資格を取得することは、そのための一つの手段です。

次に、ドローンの飛行に関する法令や規制が厳しくなっていることです。ドローンは、無人航空機として航空法や無人航空機飛行禁止法などの法令に従わなければなりません。これらの法令は、時々改正されて厳格化されています。例えば、以下のような改正があります。

  • 2015年12月、無人航空機飛行禁止法が施行され、人口密集地域や重要施設周辺での飛行が禁止されたこと
  • 2019年9月、航空法が改正され、最大離陸重量が200g以上25kg以下の無人航空機を飛行させる場合には登録制度が導入されたこと
  • 2022年12月、無人航空機技能証明制度が開始され、最大離陸重量が25kg以上150kg以下の無人航空機を飛行させる場合や夜間や目視外での飛行を行う場合には一等無人航空機操縦士の資格が必要となったこと

これらの改正は、ドローンの飛行に関するルールや条件を厳しく定めています。そのため、ドローンを飛行させる際には、最新の法令や規制を把握し、遵守することが必要です。国家資格を取得することは、そのための一つの手段です。

最後に、ドローンの飛行に関する社会的な責任や義務が重くなっていることです。ドローンは、空中での自由度が高い反面、プライバシーやセキュリティなどの問題も引き起こす可能性があります。例えば、以下のような問題があります。

  • 無人航空機の飛行により、他人の私生活や財産を侵害すること
  • 無人航空機の飛行により、国家や公共の安全や秩序を妨げること
  • 無人航空機の飛行により、環境や生態系に悪影響を与えること

これらの問題は、ドローンの飛行に関する倫理やマナーを問われるものです。そのため、ドローンを飛行させる際には、社会的な責任や義務を果たすことが求められます。国家資格を取得することは、そのための一つの手段です。

まとめ:ドローンの国家資格を取得しよう

この記事では、ドローンの国家資格について、その内容や取得方法、メリットや必要性などを詳しく解説しました。ドローンを趣味やビジネスで活用したい方は、ぜひこの機会にドローンの国家資格を取得してみてください。ドローンの飛行をより安全で楽しいものにするために、知識や技能を身につけましょう。

drone-license

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次