保育で使える!子どもたちが大喜びする面白いチーム分けの方法とは?

child-teams

保育で行う活動やゲームには、チーム分けが必要なものが多くあります。チーム分けをすることで、子どもたちの協力やコミュニケーションのスキルを高めたり、自己肯定感や仲間意識を高めたりするメリットがあります。しかし、チーム分けをする際には、時間や手間をかけずに効率的に行いたいと思うでしょう。また、子どもたちが興味や関心を持てるようなチーム分けの方法を探しているかもしれません。

そこで、この記事では、保育で使える面白いチーム分けの方法をご紹介します。カードやくじ引き、色や形、動物やキャラクター、音楽やダンスなど、様々な要素を使ってチーム分けを楽しくする方法をご紹介します。また、チーム分けをする際のコツや注意点もお伝えします。

この記事でわかること
  • 保育でチーム分けをするメリットとは
  • 保育で使える面白いチーム分けの方法とは
  • 保育でチーム分けを楽しくするコツと注意点

それでは、早速見ていきましょう!

目次

保育でチーム分けをするメリットとは

チーム分けで子どもたちの協力やコミュニケーションのスキルが向上する

チーム分けをすることで、子どもたちは自分以外の人と協力して目標に向かうことを学びます。

また、自分の意見や感情を伝えたり、他者の意見や感情を聞いたりすることで、コミュニケーションのスキルも向上します。これらのスキルは、社会性や人間関係の形成に必要なものです。

チーム分けで子どもたちの自己肯定感や仲間意識が高まる

チーム分けをすることで、子どもたちは自分が所属するグループに誇りや帰属感を持ちます。

また、自分の役割や貢献を認められることで、自己肯定感も高まります。さらに、仲間と一緒に楽しみながら活動したりゲームしたりすることで、仲間意識や友情も深まります。

保育で使える面白いチーム分けの方法とは

それでは、保育で使える面白いチーム分けの方法を見ていきましょう。

以下では、カードやくじ引き、色や形、動物やキャラクター、音楽やダンスなど、様々な要素を使ってチーム分けを楽しくする方法をご紹介します。

カードやくじ引きを使ったチーム分けの方法

カードやくじ引きは、ランダムにチーム分けをするのに便利な方法です。子どもたちは、自分がどのチームになるかわからないというワクワク感を楽しめます。また、カードやくじ引きには、数字や記号、絵柄など、様々な要素を使うことができます。例えば、以下のような方法があります。

  • 数字や記号のカードを使って、同じ数字や記号の人同士でチームを作る。
  • 絵柄のカードを使って、同じ絵柄の人同士でチームを作る。例えば、果物や野菜、乗り物や動物など。
  • くじ引きを使って、くじに書かれた数字や記号、絵柄などでチームを作る。
  • くじ引きを使って、くじに書かれたお題に沿ってチームを作る。例えば、「好きな食べ物は?」や「今日の気分は?」など。

色や形を使ったチーム分けの方法

色や形は、視覚的にわかりやすくて楽しいチーム分けの方法です。子どもたちは、自分がどの色や形になるか選んだり、見つけたりすることで、色や形に対する興味や感性も育まれます。また、色や形には、様々な種類や組み合わせがあります。例えば、以下のような方法があります。

  • 色付きのバンドやシールを使って、同じ色の人同士でチームを作る。
  • 色付きの紙や布を使って、自分が好きな色を選んでチームを作る。
  • 形付きのカードやパズルを使って、同じ形の人同士でチームを作る。
  • 形付きの紙や布を使って、自分が好きな形を選んでチームを作る。

動物やキャラクターを使ったチーム分けの方法

動物やキャラクターは、子どもたちが大好きなチーム分けの方法です。子どもたちは、自分がどの動物やキャラクターになるか選んだり、真似したりすることで、動物やキャラクターに対する知識や想像力も豊かになります。また、動物やキャラクターには、様々な特徴や個性があります。例えば、以下のような方法があります。

  • 動物のカードやぬいぐるみを使って、同じ動物の人同士でチームを作る。
  • 動物のカードやぬいぐるみを使って、自分が好きな動物を選んでチームを作る。
  • キャラクターのカードやグッズを使って、同じキャラクターの人同士でチームを作る。
  • キャラクターのカードやグッズを使って、自分が好きなキャラクターを選んでチームを作る。

音楽やダンスを使ったチーム分けの方法

音楽やダンスは、リズム感や表現力が必要なチーム分けの方法です。子どもたちは、自分がどの音楽やダンスに合わせて動くか聞いたり、見せたりすることで、音楽やダンスに対する感性や創造力も養われます。また、音楽やダンスを使ったチーム分けの方法について続けてお伝えします。

  • 音楽やダンスのジャンルや曲名を使って、同じジャンルや曲名の人同士でチームを作る。
  • 音楽やダンスのジャンルや曲名を使って、自分が好きなジャンルや曲名を選んでチームを作る。
  • 音楽を流して、音楽に合わせて動く人同士でチームを作る。
  • 音楽を流して、音楽に合わせて動く方法を見せて、同じ方法で動く人同士でチームを作る。

保育でチーム分けを楽しくするコツと注意点

以上のように、保育で使える面白いチーム分けの方法はたくさんあります。しかし、チーム分けをする際には、以下のようなコツや注意点も覚えておきましょう。

  • チーム分けの方法は、子どもたちの年齢や環境に合わせて選ぶこと。例えば、小さな子どもたちは、色や形など視覚的にわかりやすい方法がおすすめです。また、大きな子どもたちは、音楽やダンスなどリズム感や表現力が必要な方法がおすすめです。
  • チーム分けの方法は、活動やゲームの内容に合わせて選ぶこと。例えば、動物やキャラクターを使ったチーム分けは、動物やキャラクターに関する活動やゲームにぴったりです。また、音楽やダンスを使ったチーム分けは、音楽やダンスに関する活動やゲームにぴったりです。
  • チーム分けの方法は、子どもたちの好みや意見を尊重して選ぶこと。例えば、自分が好きな色や形、動物やキャラクター、ジャンルや曲名を選ばせることで、子どもたちの主体性や自己表現を促します。また、子どもたちにチーム分けの方法を考えさせることで、子どもたちの創造力や発想力を育みます。
  • チーム分けの方法は、公平で偏りのないものにすること。例えば、カードやくじ引きなどランダムにチーム分けする方法は、公平感が高まります。また、色や形など多様な要素を使ってチーム分けする方法は、偏りが少なくなります。
  • チーム分けの方法は、楽しく盛り上げること。例えば、カードやくじ引きなどワクワク感がある方法は、子どもたちの興味や関心を引きます。また、音楽やダンスなどリズム感がある方法は、子どもたちのテンションやモチベーションを上げます。

まとめ

この記事では、保育で使える面白いチーム分けの方法とそのメリットをご紹介しました。カードやくじ引き、色や形、動物やキャラクター、音楽やダンスなど、様々な要素を使ってチーム分けをすることで、子どもたちは協力やコミュニケーションのスキルを高めたり、自己肯定感や仲間意識を高めたりすることができます。

また、チーム分けをする際には、子どもたちの年齢や環境、活動やゲームの内容、好みや意見、公平感や偏り、楽しさや盛り上がりなどを考慮して選ぶことが大切です。

保育でチーム分けをすることは、子どもたちにとって有意義な経験です。ぜひ、この記事でご紹介した方法を参考にして、保育でチーム分けを楽しくしてみてください!

child-teams

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次