VPSとWikiFXでFX自動売買のパフォーマンスを最大化しよう!

VPSとWikiFXは、FX自動売買に欠かせないツールです。VPSは、安定した取引環境を提供し、WikiFXは、信頼できるFX業者を選ぶのに役立ちます。この記事では、VPSとWikiFXの連携方法や設定方法、管理方法などを詳しく解説します。これらの方法を実践すれば、FX自動売買のパフォーマンスを最大化することができます。

目次

VPSとWikiFXの連携方法

VPSとWikiFXを連携させるには、まずWikiFXで提供されている専用VPSサービスに申し込む必要があります。このサービスは、月額100円で利用できるお得なプランです。次に、WikiFXで選んだFX業者とVPSを紐づける必要があります。これにより、VPS上でFX業者の取引サーバーに接続することができます。

WikiFXで提供されている専用VPSサービスの申し込み方法

・WikiFXのサイトにアクセスし、ログインする。

・トップページの右上にある「EA専用VPS」のアイコンをクリックする。

・「EA専用VPS」のページが開くので、「申し込む」ボタンをクリックする。

・申し込みフォームが表示されるので、必要事項を入力し、「確認」ボタンをクリックする。

・確認画面が表示されるので、「送信」ボタンをクリックする。

・申し込み完了メールが届くので、メールに記載されているURLから支払い方法を選択し、支払いを完了する。  

・支払い完了メールが届くので、メールに記載されているVPSの情報(IPアドレスやユーザー名やパスワードなど)を確認する。

WikiFXで選んだFX業者とVPSを紐づける方法

・WikiFXのサイトにアクセスし、ログインする。

・トップページの右上にある「EA専用VPS」のアイコンをクリックする。

・「EA専用VPS」のページが開くので、「管理」ボタンをクリックする。

・管理画面が表示されるので、「紐づける」ボタンをクリックする。

・紐づけ画面が表示されるので、紐づけたいFX業者を選択し、「確認」ボタンをクリックする。

・確認画面が表示されるので、「送信」ボタンをクリックする。

・紐づけ完了メールが届くので、メールに記載されているURLから紐づけ状況を確認する。

以上が、VPSとWikiFXの連携方法です。この方法で、VPS上でFX業者と接続することができます。次に、VPSとWikiFXでFX自動売買の設定方法について説明します。

VPSとWikiFXでFX自動売買をするには、VPS上でMT4/MT5とEA(自動売買システム)をインストールする必要があります。MT4/MT5は、FXの取引プラットフォームで、EAは、MT4/MT5に組み込まれるプログラムで、あらかじめ設定した条件に基づいて自動的に売買を行うものです。VPS上でMT4/MT5とEAをインストールすることで、24時間365日、安定した取引環境でFX自動売買を実行することができます。

VPSにリモートログインする方法

・VPSにリモートログインするには、自分のパソコンからVPSのIPアドレスやユーザー名やパスワードを使って接続する必要があります。

・Windowsの場合は、リモートデスクトップ接続という機能を使ってVPSにログインできます。以下の手順で操作してください。

1. スタートメニューから「リモートデスクトップ接続」を検索し、クリックして起動します。

2. 「コンピューター」の欄にVPSのIPアドレスを入力し、「接続」ボタンをクリックします。

3. VPSのログイン画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

4. VPSのデスクトップ画面が表示されるので、操作できるようになります。

・Macの場合は、Microsoft Remote Desktopというアプリを使ってVPSにログインできます。以下の手順で操作してください。

1. App StoreからMicrosoft Remote Desktopをダウンロードし、インストールします。

2. アプリを起動し、「+」ボタンをクリックして新しい接続を作成します。

3. 「PC名」にVPSのIPアドレス、「ユーザー名」にVPSのユーザー名、「パスワード」にVPSのパスワードを入力し、「保存」ボタンをクリックします。

4. 作成した接続をダブルクリックして起動します。

5. VPSのデスクトップ画面が表示されるので、操作できるようになります。

以上が、VPSにリモートログインする方法です。この方法で、VPS上でMT4/MT5やEAをインストールする準備ができます。次に、VPS上でMT4/MT5をインストールする方法について説明します。

VPS上でMT4/MT5をインストールするには、以下の手順に従ってください。

  1. VPSにリモートログインします。
  2. ブラウザを開き、WikiFXで選んだFX業者のサイトにアクセスします。
  3. FX業者のサイトからMT4/MT5のダウンロードページに移動します。
  4. ダウンロードページからMT4/MT5のインストーラーをダウンロードします。
  5. ダウンロードしたインストーラーを実行し、画面の指示に従ってMT4/MT5をインストールします。
  6. インストールが完了したら、MT4/MT5を起動します。
  7. MT4/MT5の画面で、ファイルメニューから「口座開設」を選択します。
  8. 口座開設の画面で、FX業者のサーバー名や口座番号やパスワードなどを入力し、「完了」ボタンをクリックします。
  9. MT4/MT5の画面で、右下にある接続状況のアイコンが緑色になっていることを確認します。

以上が、VPS上でMT4/MT5をインストールする方法です。この方法で、VPS上でFX業者と取引することができます。次に、VPS上でEA(自動売買システム)をインストールする方法について説明します。

EAとは、MT4/MT5に組み込まれるプログラムで、あらかじめ設定した条件に基づいて自動的に売買を行うものです。EAを利用することで、人間の感情や判断ミスに左右されない、効率的で合理的な取引が可能になります。VPS上でEAをインストールするには、以下の手順に従ってください。

  1. VPSにリモートログインします。
  2. MT4/MT5を起動します。
  3. ファイルメニューから「データフォルダを開く」を選択します。
  4. 開いたフォルダの中から「MQL4」または「MQL5」のフォルダを開きます。
  5. 「MQL4」または「MQL5」のフォルダの中から「Experts」のフォルダを開きます。
  6. 「Experts」のフォルダに、インストールしたいEAのファイル(拡張子が.ex4や.ex5のもの)をコピー&ペーストします。
  7. MT4/MT5を再起動します。
  8. ナビゲーター画面から「エキスパートアドバイザー」の項目を開きます。
  9. インストールしたEAの名前が表示されていることを確認します。
  10. インストールしたEAの名前をドラッグ&ドロップして、取引したい通貨ペアのチャート画面に貼り付けます。
  11. EAの設定画面が表示されるので、必要なパラメーターを入力し、「OK」ボタンをクリックします。
  12. チャート画面の右上にあるEAの名前と笑顔マークが表示されていることを確認します。

以上が、VPS上でEA(自動売買システム)をインストールする方法です。この方法で、VPS上でEAを実行することができます。次に、VPSとWikiFXでFX自動売買の管理方法について説明します。

VPSとWikiFXでFX自動売買をする場合、定期的にVPS上でMT4/MT5やEAの稼働状況を確認したり、設定やパラメーターを変更したりする必要があります。これらの操作は、VPSにリモートログインして行うことができます。以下の手順に従ってください。

VPS上でMT4/MT5やEAの稼働状況を確認する方法

・VPSにリモートログインします。

・MT4/MT5を起動します。

・チャート画面の右上にあるEAの名前と笑顔マークが表示されていることを確認します。これは、EAが正常に動作していることを意味します。

・チャート画面の下部にあるターミナル画面を開きます。

・ターミナル画面の「取引」タブをクリックします。これは、現在のポジションや注文履歴などを表示します。  ・ターミナル画面の「口座履歴」タブをクリックします。これは、過去の取引結果や損益などを表示します。  ・ターミナル画面の「エキスパート」タブをクリックします。これは、EAのログやエラーなどを表示します。  ・ターミナル画面の「ジャーナル」タブをクリックします。これは、MT4/MT5のログやエラーなどを表示します。

以上が、VPS上でMT4/MT5やEAの稼働状況を確認する方法です。この方法で、VPS上でFX自動売買が正しく行われているかどうかをチェックすることができます。次に、VPS上でMT4/MT5やEAの設定やパラメーターを変更する方法について説明します。

VPS上でMT4/MT5やEAの設定やパラメーターを変更する方法

・VPSにリモートログインします。

・MT4/MT5を起動します。  

・チャート画面の右上にあるEAの名前と笑顔マークを右クリックし、「エキスパートアドバイザー」から「削除」を選択します。これは、EAの動作を一時的に停止することです。

・チャート画面の右上にあるEAの名前と笑顔マークが消えたことを確認します。

・ナビゲーター画面から「エキスパートアドバイザー」の項目を開きます。

・変更したいEAの名前を右クリックし、「修正」を選択します。

・MetaEditorというプログラムが起動し、EAのコードが表示されます。

・コード内で変更したい箇所を探し、値や式などを書き換えます。

・コードの変更が終わったら、「コンパイル」ボタンをクリックして保存します。

・MetaEditorを閉じます。

・チャート画面に戻ります。

・ナビゲーター画面から「エキスパートアドバイザー」の項目を開きます。

・変更したEAの名前をドラッグ&ドロップして、取引したい通貨ペアのチャート画面に貼り付けます。

・EAの設定画面が表示されるので、必要なパラメーターを入力し、「OK」ボタンをクリックします。

・チャート画面の右上にあるEAの名前と笑顔マークが表示されていることを確認します。

以上が、VPS上でMT4/MT5やEAの設定やパラメーターを変更する方法です。この方法で、VPS上でFX自動売買の条件や戦略をカスタマイズすることができます。以上が、VPSとWikiFXでFX自動売買の管理方法についての説明です。これらの方法を実践すれば、VPSとWikiFXでFX自動売買のパフォーマンスを最大化することができます。

【まとめ】VPSとWikiFXでFX自動売買のパフォーマンスを最大化しよう!

この記事では、VPSとWikiFXでFX自動売買のパフォーマンスを最大化する方法について詳しく解説しました。VPSとWikiFXは、FX自動売買に欠かせないツールです。VPSは、安定した取引環境を提供し、WikiFXは、信頼できるFX業者を選ぶのに役立ちます。VPSとWikiFXを連携させることで、VPS上でFX業者と接続することができます。また、VPS上でMT4/MT5やEAをインストールし、設定やパラメーターを変更することで、自分の取引スタイルや目的に合ったFX自動売買を実行することができます。VPSとWikiFXでFX自動売買をする場合は、定期的にVPS上でMT4/MT5やEAの稼働状況を確認したり、設定やパラメーターを変更したりする必要があります。これらの操作は、VPSにリモートログインして行うことができます。

VPSとWikiFXでFX自動売買をすることのメリットは以下の通りです。

  • 24時間365日、安定した取引環境でFX自動売買を実行できる。
  • FX業者の評判や口コミをチェックして信頼できる業者を選ぶことができる。
  • EAの種類や性能を比較して最適なものを選ぶことができる。
  • EAの設定やパラメーターをカスタマイズして自分の戦略に合わせることができる。
  • EAのログやエラーを確認してトラブルシューティングすることができる。

VPSとWikiFXは、月額100円で利用できるお得なプランです。このプランでは、以下のサービスが提供されます。

  • VPS:1コアCPU、1GBメモリ、20GBディスク容量
  • WikiFX:FX業者の評価やランキング、ライセンスの有無や規制機関の確認、取引環境や口座開設方法などの情報提供

VPSとWikiFXでFX自動売買のパフォーマンスを最大化しよう!この記事が参考になれば幸いです。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次