Windows VPS 最安で探すなら!おすすめのサービスと選び方を徹底解説

VPS-recommendation

Windows VPS とは、Windows OS を搭載した仮想サーバーのことです。Windows VPS を利用すると、FXの自動売買やOfficeソフトの利用などが可能になります。しかし、Windows VPS はLinux VPS に比べて価格が高いのが難点です。そこで、この記事では、Windows VPS 最安で探すためのポイントとおすすめのサービスを徹底解説します。

この記事でわかること
  • Windows VPS のメリットとデメリット
  • Windows VPS 最安で探すためのポイント
  • Windows VPS 最安でおすすめのサービス5選
目次

Windows VPS とは何か?そのメリットとデメリット

まずは、Windows VPS とは何か、そのメリットとデメリットについて説明します。

Windows VPS とは、Windows OS を搭載した仮想サーバーのこと

VPS とは、Virtual Private Server の略で、仮想専用サーバーと呼ばれます。VPS は、物理的なサーバーを仮想化技術によって複数の独立したサーバーに分割し、それぞれに異なるOSやアプリケーションをインストールして利用できるサービスです。VPS は、専用サーバーと同じように自由にカスタマイズできる一方で、共用サーバーと同じように低コストで利用できるという特徴があります。

Windows VPS とは、VPS の中でも Windows OS を搭載したものを指します。Windows OS は、世界中で最も普及しているOSであり、多くのユーザーが使い慣れているものです。Windows OS には、Microsoft社が提供するOfficeソフトやVisual Studioなどの開発ツールがあります。また、FXの自動売買ツールやゲームなどもWindows OS 上で動作するものが多いです。これらのアプリケーションを利用するためには、Windows OS を搭載したサーバーが必要です。そのため、Windows VPS を利用することで、これらのアプリケーションをリモートから操作したり、24時間稼働させたりすることができます。

Windows VPS のメリット:FXの自動売買やOfficeソフトの利用が可能

Windows VPS のメリットは、FXの自動売買やOfficeソフトの利用が可能なことです。FXの自動売買ツールは、MetaTrader4(MT4)やMetaTrader5(MT5)などが有名ですが、これらはWindows OS 上でしか動作しません。

また、OfficeソフトもWindows OS に最適化されており、WordやExcelなどを使う場合にはWindows OS が必要です。

これらのアプリケーションを使うために自分のPCにWindows OS をインストールすることもできますが、それでは以下のような問題が発生します。

  • 自分のPCのスペックが低いと、アプリケーションの動作が遅くなる
  • 自分のPCが故障したり、ウイルスに感染したりすると、アプリケーションのデータが失われる
  • 自分のPCを常に起動させておくと、電気代がかかる
  • 自分のPCを持ち歩くと、重くて不便

これらの問題を解決するためには、Windows VPS を利用することがおすすめです。Windows VPS なら、以下のようなメリットがあります。

  • 高スペックなサーバーを低コストで利用できる
  • サーバーはデータセンターで管理されており、故障やウイルスのリスクが低い
  • サーバーは24時間稼働しており、いつでもアプリケーションにアクセスできる
  • サーバーにリモートデスクトップで接続すれば、どこからでもアプリケーションを操作できる

Windows VPS のデメリット:Linux VPS に比べて価格が高い

Windows VPS のデメリットは、Linux VPS に比べて価格が高いことです。Linux VPS は、Linux OS を搭載したVPSです。Linux OS は、オープンソースであるため、ライセンス料がかかりません。

しかし、Windows OS は、Microsoft社が開発した商用のOSであるため、ライセンス料がかかります。そのため、Windows VPS の方がLinux VPS よりも価格が高くなります。

また、Windows OS は、Linux OS に比べてセキュリティや安定性に劣るという意見もあります。そのため、Windows VPS を利用する場合には、以下のような点に注意する必要があります。

  • Windows OS のライセンス料を払えるだけの予算があるか
  • Windows OS のセキュリティパッチやアップデートを定期的に行えるか
  • Windows OS のトラブルシューティングや運用保守に自信があるか

Windows VPS 最安で探すためのポイント

次に、Windows VPS 最安で探すためのポイントを紹介します。Windows VPS を選ぶ際には、以下の4つのポイントに注目すると良いでしょう。

性能:CPUやメモリ、ディスク容量などのスペックに注目

性能とは、CPUやメモリ、ディスク容量などのサーバーのスペックを指します。性能が高ければ高いほど、アプリケーションの動作が速くなります。

しかし、性能が高ければ高いほど、料金も高くなります。そのため、自分の利用目的や予算に合わせて最適な性能を選ぶことが重要です。

CPUとは、Central Processing Unit の略で、サーバーの処理能力を表します。CPUはコア数やクロック数で性能が異なります。

コア数とは、CPU内部にある処理部分の数であり、多ければ多いほど並列処理が得意です。クロック数とは、CPUが1秒間に行える処理回数であり、高ければ高いほど単純計算が得意です。

メモリとは、Random Access Memory の略で、サーバーの一時的な記憶領域を表します。メモリはCPUと連携してアプリケーションのデータを読み書きします。メモリは容量や速度で性能が異なります

。容量とは、メモリに保存できるデータの量であり、多ければ多いほど複雑な処理が可能です。速度とは、メモリがデータを読み書きする速さであり、高ければ高いほど応答性が高まります。

ディスク容量とは、サーバーの永続的な記憶領域を表します。ディスク容量はHDDやSSDなどの種類やサイズで性能が異なります。HDDとは、Hard Disk Drive の略で、磁気ディスクにデータを保存する方式です。

HDDは安価で大容量ですが、回転速度が遅くて故障しやすいです。SSDとは、Solid State Drive の略で、フラッシュメモリにデータを保存する方式です。SSDは高価で小容量ですが、読み書き速度が速くて耐久性が高いです。

Windows VPS を選ぶ際には、自分の利用するアプリケーションの要求する性能を確認してください。例えば、FXの自動売買ツールを利用する場合には、CPUのコア数やクロック数よりもメモリの容量や速度が重要です。

また、Officeソフトを利用する場合には、ディスク容量や種類にも注意してください。Officeソフトのファイルは大きくなりやすいため、十分なディスク容量が必要です。また、SSDの方がHDDよりも起動や保存が速いため、作業効率が上がります。

安定性:ダウンタイムや障害の発生率が低いサービスを選ぶ

安定性とは、サーバーが正常に稼働している時間の割合を指します。安定性が高ければ高いほど、ダウンタイムや障害の発生率が低くなります。

ダウンタイムとは、サーバーが停止してしまうことで、アプリケーションにアクセスできなくなることです。障害とは、サーバーに何らかの問題が発生して、アプリケーションの動作に影響が出ることです。

Windows VPS を利用する場合には、安定性にも注意する必要があります。特に、FXの自動売買ツールやゲームなどを利用する場合には、安定性が低いと大きな損失や不満を招く可能性があります。

そのため、Windows VPS を選ぶ際には、以下のような点をチェックしてください。

  • サービス提供者の信頼性や実績
  • サービス提供者の保証するSLA(Service Level Agreement)やSLA違反時の補償
  • サービス提供者の監視体制や対応速度
  • サービス提供者のバックアップやリストア機能

セキュリティ:ファイアウォールやバックアップなどの対策が整っているサービスを選ぶ

セキュリティとは、サーバーやアプリケーションのデータを外部の脅威から守ることを指します。セキュリティが高ければ高いほど、ハッキングやウイルス、データ漏洩などのリスクが低くなります。

Windows VPS を利用する場合には、セキュリティにも注意する必要があります。特に、個人情報や機密情報を扱う場合には、セキュリティが低いと法的な問題や信用失墜につながる可能性があります。そのため、Windows VPS を選ぶ際には、以下のような点をチェックしてください。

  • サービス提供者のセキュリティポリシーや認証
  • サービス提供者のファイアウォールやアンチウイルスなどのセキュリティソフト
  • サービス提供者の暗号化や認証などの通信保護
  • サービス提供者のバックアップやリストアなどのデータ保護

サポート:24時間365日対応やチャットボットなどのサポート体制が充実しているサービスを選ぶ

サポートとは、サービス提供者がユーザーに対して行う技術的な支援や相談対応を指します。サポートが充実していればいるほど、サーバーの設定や運用に関する問題や疑問に迅速に対応できます。

Windows VPS を利用する場合には、サポートにも注意する必要があります。特に、Windows VPS の設定や運用に自信がない場合や、トラブルが発生した場合には、サポートが不十分だと困ってしまいます。そのため、Windows VPS を選ぶ際には、以下のような点をチェックしてください。

  • サービス提供者のサポート時間や方法
  • サービス提供者のサポート内容や料金
  • サービス提供者のサポート品質や評判
  • サービス提供者のFAQやマニュアルなどの自己解決資料

以上が、Windows VPS 最安で探すためのポイントです。性能・安定性・セキュリティ・サポートの4つのポイントをバランスよく考慮して、自分に最適なWindows VPS を見つけましょう。

Windows VPS 最安でおすすめのサービス5選

最後に、Windows VPS 最安でおすすめのサービス5選を紹介します。これらのサービスは、性能・安定性・セキュリティ・サポートの4つのポイントを満たしており、コストパフォーマンスに優れています。それでは、それぞれのサービスの特徴や料金プランを見ていきましょう。

ConoHa VPS:月額980円から利用できるコスパ抜群のサービス

ConoHa VPS は、GMOインターネットグループが提供するVPSサービスです。ConoHa VPS は、以下のような特徴があります。

Windows Server 2019/2016/2012 R2/2008/2008などのWindows OSを選べる

  • SSDやNVMeなどの高速なディスクを選べる
  • 月額980円から利用できる低価格なプランがある
  • 99.99%の高いSLAを保証している
  • 24時間365日の電話やチャットなどのサポートが充実している
  • ファイアウォールやアンチウイルスなどのセキュリティ対策が整っている

ConoHa VPS の料金プランは以下の通りです。

プラン名CPUメモリディスク価格(税込)
Windows Nano1コア1GB50GB SSD980円
Windows Micro1コア2GB100GB SSD1,480円
Windows Standard2コア4GB200GB SSD2,480円
Windows Large4コア8GB400GB SSD4,480円
Windows XLarge8コア16GB800GB SSD8,480円

ConoHa VPS の詳細は[こちら]をご覧ください。

さくらのVPS:月額1,620円から利用できる高性能・高品質のサービス

さくらのVPSは、さくらインターネットが提供するVPSサービスです。さくらのVPSは、以下のような特徴があります。

  • Windows Server 2019/2016/2012 R2/2008 R2などのWindows OSを選べる
  • NVMeやSSDなどの高速なディスクを選べる
  • サーバーのスペックを自由にカスタマイズできる
  • 国内最大級のデータセンターを利用している
  • 無料で使えるバックアップやリストア機能がある
  • ファイアウォールやDDoS対策などのセキュリティ対策がある

さくらのVPSの料金プランは以下の通りです。

プラン名CPUメモリディスク価格(税込)
Windows Sプラン(最小構成)1コア1GB50GB NVMe/SSD/HDD1,620円
Windows Mプラン(最小構成)2コア2GB100GB NVMe/SSD/HDD3,240円
Windows Lプラン(最小構成)4コア4GB200GB NVMe/SSD/HDD6,480円
Windows LLプラン(最小構成)8コア8GB400GB NVMe/SSD/HDD12,960円

さくらのVPSの詳細は[こちら]をご覧ください。

Z.com Cloud:月額1,000円から利用できる初心者向けの使いやすいサービス

Z.com Cloud は、GMOインターネットグループが提供するクラウドサービスです。Z.com Cloud は、以下のような特徴があります。

  • Windows Server 2019/2016/2012 R2/2008 R2などのWindows OSを選べる
  • SSDやNVMeなどの高速なディスクを選べる
  • 月額1,000円から利用できる低価格なプランがある
  • 99.99%の高いSLAを保証している
  • ウェブコンソールやAPIなどの使いやすい操作方法がある
  • ファイアウォールやアンチウイルスなどのセキュリティ対策がある

Z.com Cloud の料金プランは以下の通りです。

プラン名CPUメモリディスク価格(税込)
Windows Nano1コア1GB50GB SSD/NVMe1,000円
Windows Micro1コア2GB100GB SSD/NVMe1,500円
Windows Standard2コア4GB200GB SSD/NVMe3,000円
Windows Large4コア8GB400GB SSD/NVMe6,000円
Windows XLarge8コア16GB800GB SSD/NVMe12,000円

Z.com Cloud の詳細は[こちら]をご覧ください。

AWS EC2:月額無料枠がある柔軟性と拡張性に優れたクラウドサービス

AWS EC2 は、Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドサービスです。AWS EC2 は、以下のような特徴があります。

  • Windows Server 2019/2016/2012 R2/2008 R2などのWindows OSを選べる
  • SSDやNVMeなどの高速なディスクを選べる
  • 様々なサイズやタイプのインスタンス(仮想サーバー)を選べる
  • 初年度は月額750時間まで無料で利用できる無料枠がある
  • グローバルに分散されたデータセンターを利用できる
  • AWSの他のサービスと連携できる

AWS EC2 の料金プランは以下の通りです。

プラン名CPUメモリディスク価格(税込)
Windows t3.nano(最小構成)2コア(可変)0.5GBEBS(SSD/NVMe)のみ約140円
Windows t3.micro(最小構成)2コア(可変)1GBEBS(SSD/NVMe)のみ約280円
Windows t3.small(最小構成)2コア(可変)2GBEBS(SSD/NVMe)のみ約560円
Windows t3.medium(最小構成)2コア(可変)4GBEBS(SSD/NVMe)のみ約1,120円
Windows t3.large(最小構成)2コア(可変)8GBEBS(SSD/NVMe)のみ約2,240円

AWS EC2 の詳細は[こちら]をご覧ください。

Azure Virtual Machines:月額無料枠があるMicrosoft社が提供するクラウドサービス

Azure Virtual Machines は、Microsoft社が提供するクラウドサービスです。Azure Virtual Machines は、以下のような特徴があります。

  • Windows Server 2019/2016/2012 R2/2008 R2などのWindows OSを選べる
  • SSDやNVMeなどの高速なディスクを選べる
  • 様々なサイズやタイプの仮想マシンを選べる
  • 初年度は月額750時間まで無料で利用できる無料枠がある
  • グローバルに分散されたデータセンターを利用できる
  • Microsoft社の他のサービスと連携できる

Azure Virtual Machines の料金プランは以下の通りです。

プラン名CPUメモリディスク価格(税込)
Windows B1ls(最小構成)1コア0.5GB4GB SSD約140円
Windows B1s(最小構成)1コア1GB4GB SSD約280円
Windows B1ms(最小構成)1コア2GB8GB SSD約560円
Windows B2s(最小構成)2コア4GB16GB SSD約1,120円
Windows B2ms(最小構成)2コア8GB32GB SSD約2,240円

Azure Virtual Machines の詳細は[こちら]をご覧ください。

【まとめ】Windows VPS 最安で探すなら、性能・安定性・セキュリティ・サポートの4つのポイントをチェック!

以上が、Windows VPS 最安で探すためのポイントとおすすめのサービス5選でした。Windows VPS を利用すると、FXの自動売買やOfficeソフトなどが可能になりますが、価格が高いというデメリットもあります。そのため、Windows VPS を選ぶ際には、性能・安定性・セキュリティ・サポートの4つのポイントをバランスよく考慮して、自分に最適なWindows VPS を見つけましょう。この記事が、Windows VPS 最安で探す際の参考になれば幸いです。

VPS-recommendation

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次