株の自動売買初心者でも安心!AIがサポートします

AIstock-trade

株の自動売買とは、AI(人工知能)やプログラムによって、株の売買を自動化することです。株の自動売買には、様々なメリットやデメリットがありますが、その中でもおすすめのツールを紹介します。

この記事でわかること
  • 株の自動売買の基本的な仕組みとメリット・デメリット
  • 株の自動売買ツールの種類と選び方
  • おすすめの株の自動売買ツール3選とそれぞれの特徴・料金・評判
目次

株の自動売買とは何か?基本的な仕組みを解説

株の自動売買とは、AI(人工知能)やプログラムによって、株の売買を自動化することです。具体的には、以下のような流れで行われます。

  1. AIやプログラムが、株価やニュースなどの情報を収集・分析します。
  2. AIやプログラムが、分析した情報に基づいて、株式投資の戦略やルールを決定します。
  3. AIやプログラムが、決定した戦略やルールに従って、株式市場で売買注文を出します。
  4. AIやプログラムが、売買結果や市場状況を評価し、戦略やルールを修正します。

このように、株の自動売買では、人間が直接介入しなくても、AIやプログラムが株式投資を行ってくれます。

株の自動売買のメリット:時間や手間がかからない、感情に左右されない、コストが安い

株の自動売買には、以下のようなメリットがあります。

  • 時間や手間がかからない:株式投資には、情報収集や分析、注文出しや確認など、多くの時間や手間がかかります。しかし、株の自動売買では、AIやプログラムがこれらの作業を代行してくれるため、時間や手間を節約できます。また、24時間365日稼働することも可能です。
  • 感情に左右されない:株式投資には、感情が大きく影響します。例えば、欲や恐怖に駆られて早まった売買をしたり、損切りや利確を怠ったりすることがあります。しかし、株の自動売買では、AIやプログラムが冷静にロジカルに判断してくれるため、感情に左右されることがありません。
  • コストが安い:株式投資には、手数料や税金などのコストがかかります。しかし、株の自動売買では、AIやプログラムが効率的に最適なタイミングで売買してくれるため、コストを抑えることができます。また、一部のツールでは、初期費用や月額料金も安いものがあります。

株の自動売買のデメリット:必ず儲かるわけではない、投資スキルが向上しない、詐欺ソフトに注意

株の自動売買には、以下のようなデメリットもあります。

  • 必ず儲かるわけではない:株の自動売買では、AIやプログラムが株式投資を行ってくれますが、それでも必ず儲かるという保証はありません。市場状況や戦略やルールの設定によっては、損失を出すこともあります。また、AIやプログラムにもバグや不具合がある可能性があります。
  • 投資スキルが向上しない:株の自動売買では、AIやプログラムが株式投資を行ってくれますが、その過程や理由を理解しないままに任せてしまうと、自分の投資スキルが向上しないことがあります。また、AIやプログラムに頼りすぎると、自分で判断できなくなることもあります。
  • 詐欺ソフトに注意:株の自動売買ツールは、インターネット上で多数販売されていますが、中には詐欺的なものもあります。例えば、高額な料金を請求したり、実際には機能しなかったり、個人情報や資金を盗んだりすることがあります。そのため、株の自動売買ツールを選ぶ際には、信頼性や評判を確認することが大切です。

株の自動売買ツールの種類と選び方:アドバイス型と運用一任型の違いとポイント

株の自動売買ツールには、大きく分けてアドバイス型と運用一任型の2種類があります。それぞれの特徴や違いを理解し、目的に合ったツールを選ぶことが重要です。

アドバイス型:AIが投資プランを提案してくれるが、最終的な判断は自分で行う

アドバイス型の株の自動売買ツールとは、AIが株式投資のプランを提案してくれるタイプのツールです。具体的には、以下のような流れで利用できます。

  1. ユーザーが自分の投資目的やリスク許容度などを入力します。
  2. AIがユーザーの入力に基づいて、最適な株式投資のプランを提案します。
  3. ユーザーはAIの提案を参考にして、最終的な売買判断を行います。

アドバイス型の株の自動売買ツールのメリットは、以下のような点です。

  • 自分で判断できる:AIが提案してくれるプランはあくまで参考であり、最終的な判断は自分で行えるため、自分の意思や責任で投資できます。また、AIの提案に対してフィードバックを与えることで、AIも学習してより良いプランを提案してくれるようになります。
  • 投資スキルが向上する:AIが提案してくれるプランは、その理由や根拠も含まれているため、それを見て勉強することもできます。

株の自動売買のメリット:時間や手間がかからない、感情に左右されない、コストが安い

株の自動売買には、以下のようなメリットがあります。

  • 時間や手間がかからない:株式投資には、情報収集や分析、注文出しや確認など、多くの時間や手間がかかります。しかし、株の自動売買では、AIやプログラムがこれらの作業を代行してくれるため、時間や手間を節約できます。また、24時間365日稼働することも可能です。
  • 感情に左右されない:株式投資には、感情が大きく影響します。例えば、欲や恐怖に駆られて早まった売買をしたり、損切りや利確を怠ったりすることがあります。しかし、株の自動売買では、AIやプログラムが冷静にロジカルに判断してくれるため、感情に左右されることがありません。
  • コストが安い:株式投資には、手数料や税金などのコストがかかります。しかし、株の自動売買では、AIやプログラムが効率的に最適なタイミングで売買してくれるため、コストを抑えることができます。また、一部のツールでは、初期費用や月額料金も安いものがあります。

株の自動売買のデメリット:必ず儲かるわけではない、投資スキルが向上しない、詐欺ソフトに注意

株の自動売買には、以下のようなデメリットもあります。

  • 必ず儲かるわけではない:株の自動売買では、AIやプログラムが株式投資を行ってくれますが、それでも必ず儲かるという保証はありません。市場状況や戦略やルールの設定によっては、損失を出すこともあります。また、AIやプログラムにもバグや不具合がある可能性があります。
  • 投資スキルが向上しない:株の自動売買では、AIやプログラムが株式投資を行ってくれますが、その過程や理由を理解しないままに任せてしまうと、自分の投資スキルが向上しないことがあります。また、AIやプログラムに頼りすぎると、自分で判断できなくなることもあります。
  • 詐欺ソフトに注意:株の自動売買ツールは、インターネット上で多数販売されていますが、中には詐欺的なものもあります。例えば、高額な料金を請求したり、実際には機能しなかったり、個人情報や資金を盗んだりすることがあります。そのため、株の自動売買ツールを選ぶ際には、信頼性や評判を確認することが大切です。

株の自動売買ツールの種類と選び方:アドバイス型と運用一任型の違いとポイント

株の自動売買ツールには、大きく分けてアドバイス型と運用一任型の2種類があります。それぞれの特徴や違いを理解し、目的に合ったツールを選ぶことが重要です。

アドバイス型:AIが投資プランを提案してくれるが、最終的な判断は自分で行う

アドバイス型の株の自動売買ツールとは、AIが株式投資のプランを提案してくれるタイプのツールです。具体的には、以下のような流れで利用できます。

  1. ユーザーが自分の投資目的やリスク許容度などを入力します。
  2. AIがユーザーの入力に基づいて、最適な株式投資のプランを提案します。
  3. ユーザーはAIの提案を参考にして、最終的な売買判断を行います。

アドバイス型の株の自動売買ツールのメリットは、以下のような点です。

  • 自分で判断できる:AIが提案してくれるプランはあくまで参考であり、最終的な判断は自分で行えるため、自分の意思や責任で投資できます。また、AIの提案に対してフィードバックを与えることで、AIも学習してより良いプランを提案してくれるようになります。
  • 投資スキルが向上する:AIが提案してくれるプランは、その理由や根拠も含まれているため、それを見て学ぶことで、自分の投資スキルが向上することがあります。また、自分で売買判断を行うことで、市場感覚や判断力も養うことができます。

アドバイス型の株の自動売買ツールのデメリットは、以下のような点です。

  • 自分で判断しなければならない:AIが提案してくれるプランはあくまで参考であり、最終的な判断は自分で行わなければならないため、その責任も自分にかかります。また、AIの提案に従わずに自分で勝手に売買したりすると、損失を出すこともあります。
  • 時間や手間がかかる:AIが提案してくれるプランはあくまで参考であり、最終的な判断は自分で行わなければならないため、そのために時間や手間がかかります。また、AIの提案を見るためにはインターネット環境や専用アプリなどが必要です。

運用一任型:AIが資産配分や売買を全て行ってくれるが、手数料やリスクも高い

運用一任型の株の自動売買ツールとは、AIが資産配分や売買を全て行ってくれるタイプのツールです。具体的には、以下のような流れで利用できます。

  1. ユーザーが自分の投資目的やリスク許容度などを入力します。
  2. AIがユーザーの入力に基づいて、最適な資産配分や売買戦略を決定します。
  3. AIが決定した資産配分や売買戦略に従って、株式市場で売買注文を出します。

運用一任型の株の自動売買ツールのメリットは、以下のような点です。

  • 何もしなくても良い:AIが資産配分や売買を全て行ってくれるため、ユーザーは何もしなくても良いです。また、AIは常に市場状況に応じて最適な判断を行ってくれるため、安心して任せることができます。
  • 高いパフォーマンスが期待できる:AIは高度な分析や計算能力を持っており、人間よりも高いパフォーマンスを発揮することが期待できます。また、AIは多様な投資商品や市場に対応できるため、幅広い選択肢から最適なものを選ぶことができます。

運用一任型の株の自動売買ツールのデメリットは、以下のような点です。

  • 手数料やリスクが高い:AIが資産配分や売買を全て行ってくれるため、その対価として高額な手数料やリスクが発生します。また、AIが行う売買はユーザーにとって不透明であり、その内容や結果に納得できないこともあります。
  • 投資スキルが向上しない:AIが資産配分や売買を全て行ってくれるため、ユーザーはその過程や理由を理解しないままに任せてしまうと、自分の投資スキルが向上しないことがあります。また、AIに頼りすぎると、自分で判断できなくなることもあります。

株の自動売買ツールを選ぶ際のポイント:目的や予算、信頼性などを考慮する

株の自動売買ツールを選ぶ際には、以下のようなポイントを考慮することが大切です。

  • 目的:株の自動売買ツールを利用する目的は何か?例えば、株式投資に興味があるけど時間や知識がない人は、運用一任型のツールがおすすめです。一方、株式投資に自分で関わりたいけど効率的に行いたい人は、アドバイス型のツールがおすすめです。
  • 予算:株の自動売買ツールを利用する予算はどれくらいか?例えば、初期費用や月額料金はどれくらいかかるか?また、手数料や税金はどれくらいかかるか?これらのコストを比較して、自分に合ったツールを選ぶことが大切です。
  • 信頼性:株の自動売買ツールの信頼性はどれくらいか?例えば、AIやプログラムの品質や安全性はどれくらいか?また、提供会社や開発者の実績や評判はどれくらいか?これらの情報を確認して、信頼できるツールを選ぶことが大切です。

おすすめの株の自動売買ツール3選:FOLIO、THEO、カブドットコムを比較

株の自動売買ツールは、インターネット上で多数販売されていますが、その中でもおすすめの3つのツールを紹介します。それぞれの特徴や料金や評判を比較してみましょう。

FOLIO:アドバイス型で初心者向け、テーマ別に分散投資ができる

FOLIOは、アドバイス型の株の自動売買ツールです。FOLIOでは、AIがテーマ別に分散投資を提案してくれます。例えば、環境や健康やテクノロジーなどのテーマに関連する株式を選んでくれます。また、自分で好きな株式を選んでポートフォリオを作ることもできます。

FOLIOのメリットは、以下のような点です。

  • 初心者向け:FOLIOは、初心者でも簡単に利用できるように設計されています。例えば、テーマ別に分散投資を提案してくれるため、自分で株式を選ぶ必要がありません。また、最低投資金額は100円からと非常に低く設定されています。
  • テーマ別に分散投資ができる:FOLIOは、テーマ別に分散投資を提案してくれるため、自分の興味や価値観に合った株式投資ができます。また、テーマ別に分散投資をすることで、リスクを分散させることもできます。

FOLIOのデメリットは、以下のような点です。

  • 手数料が高い:FOLIOは、手数料が高いというデメリットがあります。例えば、売買手数料は0.5%と他のツールに比べて高く設定されています。また、月額料金もかかります。
  • AIの提案に従わないと損失を出す可能性がある:FOLIOは、AIの提案に従って株式投資を行うことが前提となっています。しかし、AIの提案に従わずに自分で勝手に売買したりすると、損失を出す可能性があります。

FOLIOの料金は以下の通りです。

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:100円(税抜)~
  • 売買手数料:0.5%

FOLIOの評判は以下の通りです。

  • 良い評判:テーマ別に分散投資ができることや最低投資金額が低いことなどが評価されています。
  • 悪い評判:手数料が高いことやAIの提案に従わないと損失を出す可能性があることなどが指摘されています。

THEO:運用一任型で手軽さ重視、AIが最適なポートフォリオを作成してくれる

THEOは、運用一任型の株の自動売買ツールです。THEOでは、AIが最適なポートフォリオを作成してくれます。具体的には、以下のような流れで利用できます。

  1. ユーザーが自分の投資目的やリスク許容度などを入力します。
  2. AIがユーザーの入力に基づいて、最適なポートフォリオを作成してくれます。
  3. AIが作成したポートフォリオに従って、株式市場で売買注文を出します。

THEOのメリットは、以下のような点です。

  • 手軽さ重視:THEOは、手軽さを重視したツールです。例えば、最低投資金額は1,000円からと非常に低く設定されています。また、初期費用や月額料金もかかりません。さらに、AIが全てを行ってくれるため、ユーザーは何もしなくても良いです。
  • 最適なポートフォリオが作成される:THEOは、AIが最適なポートフォリオを作成してくれます。例えば、AIはユーザーの投資目的やリスク許容度に合わせて、株式や債券などの投資商品の比率を決めてくれます。また、AIは常に市場状況に応じてポートフォリオを調整してくれます。

THEOのデメリットは、以下のような点です。

  • 手数料が高い:THEOは、手数料が高いというデメリットがあります。例えば、売買手数料は0.5%と他のツールに比べて高く設定されています。また、投資商品の運用コストもかかります。
  • AIの判断に任せきりになる:THEOは、AIが全てを行ってくれるため、ユーザーはAIの判断に任せきりになります。しかし、AIの判断は必ずしも正しいとは限らず、損失を出すこともあります。また、AIの判断の理由や根拠を理解しないままに任せてしまうと、自分の投資スキルが向上しないこともあります。

THEOの料金は以下の通りです。

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:無料
  • 売買手数料:0.5%
  • 投資商品の運用コスト:0.2%~0.4%

THEOの評判は以下の通りです。

  • 良い評判:最低投資金額が低いことや初期費用や月額料金がかからないことなどが評価されています。
  • 悪い評判:手数料が高いことやAIの判断に任せきりになることなどが指摘されています。

カブドットコム:アドバイス型で上級者向け、自分でプログラムや条件を設定できる

カブドットコムは、アドバイス型の株の自動売買ツールです。カブドットコムでは、自分でプログラムや条件を設定して株式投資を行うことができます。例えば、株価や出来高や移動平均線などの指標を使って売買シグナルを作成したり、自分で作成したプログラムを実行したりすることができます。

カブドットコムのメリットは、以下のような点です。

  • 上級者向け:カブドットコムは、上級者向けのツールです。例えば、自分でプログラムや条件を設定することができるため、自分の思想や戦略に合った株式投資ができます。また、自分でプログラムや条件を設定することで、他人とは違うオリジナルな売買を行うことができます。
  • プログラムや条件を設定できる:カブドットコムは、プログラムや条件を設定することができるツールです。例えば、株価や出来高や移動平均線などの指標を使って売買シグナルを作成したり、自分で作成したプログラムを実行したりすることができます。また、プログラムや条件の設定は、ウェブサイトやスマホアプリから簡単に行うことができます。

カブドットコムのデメリットは、以下のような点です。

  • 初心者には難しい:カブドットコムは、初心者には難しいツールです。例えば、自分でプログラムや条件を設定することが必要なため、株式投資やプログラミングの知識やスキルが必要です。また、自分でプログラムや条件を設定することによって、誤った売買を行う可能性もあります。
  • 手数料が高い:カブドットコムは、手数料が高いというデメリットがあります。例えば、売買手数料は0.5%と他のツールに比べて高く設定されています。また、月額料金もかかります。

カブドットコムの料金は以下の通りです。

  • 初期費用:無料
  • 月額料金:1,000円(税抜)~
  • 売買手数料:0.5%

カブドットコムの評判は以下の通りです。

  • 良い評判:自分でプログラムや条件を設定できることやオリジナルな売買ができることなどが評価されています。
  • 悪い評判:初心者には難しいことや手数料が高いことなどが指摘されています。

【まとめ】

株の自動売買で効率的に利益を出すには、メリットとデメリットを理解し、目的に合ったツールを選ぶことが大切 株の自動売買とは、AI(人工知能)やプログラムによって、株の売買を自動化することです。株の自動売買には、時間や手間がかからない、感情に左右されない、コストが安いなどのメリットがありますが、必ず儲かるわけではない、投資スキルが向上しない、詐欺ソフトに注意などのデメリットもあります。株の自動売買ツールには、アドバイス型と運用一任型の2種類があります。それぞれの特徴や違いを理解し、目的に合ったツールを選ぶことが重要です。おすすめの株の自動売買ツールは、FOLIO、THEO、カブドットコムです。それぞれの特徴や料金や評判を比較してみましょう。

AIstock-trade

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次